Pocket

おはようございます。
昨日は晴天で鳥海山が
とても綺麗に見えました。
お山っていいなあ、おっきくて 😀 

 

さて、さわやかなのに凹みやすい5月を
上手に過ごして行きましょうねというお話です。

5月になりだんだん新学期の頃より
自然とテンションも落ち着いてくると
徐々に自分や周りのことが
色々見えてくる時期になりますね。

 

この時期によくあるのが
「苦手な人がいた~」というお悩みです。

「人間関係で悩みたくない!」と
強く思っている人には
とても重大なお悩みです。

 

そんな時こそ、一呼吸して
もしかしたらまだこの時期には
「相手の人も充分に
環境に馴染んでいないかも」
という目で一度眺めてみてください。

早く環境に馴染みたいという思いから
人がとってしまう行動は実は色々あるからです。

 

ハイテンションになって
沢山の人に話しかけて
一気に仲良くしようとする人

どんどん質問してきたり
自分のことをやたらたくさん話す人も
いるかもしれませんね。

委員などに選出されて
5月になってすぐに始まる運動会や
学年旅行をうまくリードしなくては!と
力が入りすぎている人もいたりもします。

 

反対に、打ち解けて話がしたいのに
その気持が強すぎて緊張してしまう人
人見知りが強い人

こんな人は一見無愛想だったり
ノリが悪いようにも見えるかもしれません。

なかなか親しくしてくれないようで
私の事嫌いなのかなと思っていたけれど
ゆっくり徐々に自分らしさを出してきて
実はとてもウマの合う人だった
なんてこともよくある話です。

 

色々なタイプの人がいて
それぞれまだ新しい環境に馴染もうと
「いつもと違う自分」になっている
そんなこともある時期です。

まだ、がっちりと
「あの人はあんな人。だから苦手」と
決めきってしまわない方がいい場合もありそうです。

 

もちろん
今「苦手だなぁ」と感じている人とも
”みんな仲良く”しなくてもいいんです。

自分なりの心地いい距離で付き合って
じっくり見極めていけばいいんです。

じっくり見てても苦手なら
自分なりの距離を掴んでいきましょう。

何かで同じグループになってしまったら
その人がどんな人なのか
知っている人がいたら聞いてみたりして
うまいつきあい方を見つける
という方法もありますね。

 

この時期にはまだあせらずに
何かについて「これはこう」と
決めてしまい過ぎないように
ちょっとだけゆっくりペースで
進めていけたらいいですね。

 

それでも「苦手」を越えて
意地悪してきたり
嫌がらせで困らせる人がいる時には
必ず一人で悩まずに
信頼できる人の力も借りましょう!

他の人からの客観的な意見も
とても参考になりますよ。

 

追伸:
鳥海山は富士山みたいに
裾野がきれいで広いお山です。
広い裾野が見えるのは
田んぼが続く平野ならではことですね。

 

今週のテーマのブログです
No.1 凹みやすい5月をうまく過ごす方法
No.2 上がれば下がる、下がれば上がる
No.3 「想定外」は「想定内」

No.5 一度未来に行ってみる
No.6 知っていれば大丈夫

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい