ブログ

人生には色々な時期がありますね~・・というお話

Pocket

人生には
自分が予想しなかったような
時期がやってくるものですね~
というお話です。

 

この突然始まった大宮時代ですが
子どもたちは
とっても楽しかったようです。

 

この時の大宮寮はにぎやかで
赤ちゃんから小学生の子どもだけでも
30人以上もいたんです!

いつも誰かが
庭で大声で遊んでいる

とても賑やかな毎日でした。

 

子どもたち同士で遊んでいても
誰かが泣き出した時には
聞ききつけてしまった大人が
窓から顔を出してなんとかする・・・
っていう感じでした。

うちはお砂場の近くだったので
私の出動回数も多かったです
(^^)/

 

とにかく子どもたちは
年齢を問わず
各家庭の中や庭のあちこちで
ワイワイ入り乱れて遊んでました。

うちでよその子が
お昼寝をすることもありましたし
うちの子もよそのお宅で
お昼ごはんを頂いたりもしていました。

 

息子は幼稚園でも友だちができて
お互いの家に行きあうことも
よくあったのですが
外から遊びに来た友達も
自然にみんなと混じって遊んでました 😀 

なんだか
落語の長屋みたいですね
(^o^)

 

子育てについては
自分の親のパターンしか
知らなかった私ですが

寮や幼稚園で
色んなタイプのお母さんに会えたり
様々な年代の方から
子育て話しも聞けたので
驚いたり感動したりの日々でした。

 

 

また、私はまだ
幼児二人を連れて出歩くのは
難しかったのですが
大学やキヤノンの頃の友達が
次々に遊びに来てくれました。

実家は子連れで行くには
ちょっと遠かったので
父や弟・妹から来てもらっていました。

この時期は
いつもにぎやかに
人に囲まれて過ごせてました
(^^)

 

 

ただ、大宮に引っ越してから
酒田はぐんと遠くなってしまったので
さすがに毎月土日で
帰ることができなくなりました。

おばあさんやお父さん・お母さんは
とってもがっかりしていたので
お正月やGW、お盆には
必ず出来る限り長く
酒田に帰るようにしていました。

 

そんなわけで
いつも酒田に行っていた土日が
大宮ではフリーになったので
よく家族4人で近場にドライブに行きました。

ドライブと言っても
幼稚園児とさらに小さい子づれです。

森林公園とか動物園とか
自由に子どもが走り回れる場所がメインです。

大宮の周りには
車で気軽に行けて

ピクニックして手作りお弁当を食べて
思い切り遊べるような場所が
色々あったので
毎週あちこちに行ってました 🙂 

 

そういえば、この時期は
息子のお弁当だけでなく
毎朝6時半に家を出る
夫のお弁当も作ってました。

ほとんど毎日お弁当を
作ってたんですね~

 

う~ん、お弁当にミシン!

この頃は
「家庭科」やってましたね~私 😀 

 

私の人生でこんな時が
やってくるなんて

中学時代の私が聞いたら
『またまた、ご冗談を~♪』
と絶対本気にしないでしょう

(^^)

 

 

そうやって過ごしているうちに
2年7ヶ月が
あっという間に経ちました。

 

あいかわらずまだビジョンもなく
毎日のドタバタの流れに
プカプカしてた私ですが

おかげさまで息子も6歳になり
4月からは小学生になるまでに
成長しました 🙂 

おじいちゃんたちから
机もランドセルも買ってもらいました!

 

3歳の娘も春からは
お兄ちゃんと入れ替わりに
幼稚園に入る予定です。

入園金も支払いました。

今度はスモックや手提げバッグにも
早めにとりかかり
かわいいフリフリやお花も付けて
バッチリできあがりました。

ふふふ、準備万端!!
(^o^)v

 

・・・・と思ってた3月半ば

またもや
予想外の
転勤辞令が発動です!!

 

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

マジデスカ~~?

 

転勤先は山形市

まだ一度も
行ったことのないところに
また2週間で引っ越しです。

 

「4度目の引っ越し」に続きます 🙂 

 

追伸:
寮は20世帯以上だったので
色々な暮らしがありました。
転勤で家族も入れ替わるので
この時期には30世帯くらいの
色々な世代のママさん達と
密な交流がありました。

とっても勉強になりました 😀 

 

今週のテーマのブログです
思春期コーチの誕生ストーリーその6:二人の子どもを育てる!のお話
ぎっくり腰をこじらせて、さあ大変!・・というお話
なにはともあれ、急いで購入したものは・・のお話
長年の苦手に向き合うことになる・・というお話

4度目の引っ越しで人生が転調する・・というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP