MENU

幼少期はどんな子だった?本来の気質と環境とその受け止め方のお話し

Pocket

幼少期の特徴は 子ども世にも珍しい?思春期コーチの
子ども時代のお話です 😀 

 

まず今日は思春期になる前の
小さい頃の私について
少しご紹介しますね。

 

もともとの私は
感情と言葉が豊かで

思ったことはなんでも
素直に言葉にする子だったようです。

かなりおしゃべりだったようで
『少し黙っててもいいわよ』
『考えてから喋ったら?』と
幼稚園の頃に母に言われた記憶があります

えへへ~ (^o^)

 

幼稚園時代の2年間
父が海外赴任をしたので

愛媛県の祖父母の所で
母と弟と過ごしました。

豊富な自然のなかで
木登りしたり
泉で葉っぱを流したり

友達ともいっぱい遊びました。

想像力と好奇心いっぱいで
毎日がキラキラしてて
とても楽しかったです 🙂 

 

やがて小学校で東京に戻り
字を覚えたので
自分で本を読むようになりました。

幼少期の特徴は 小公女この頃買ってもらったのが
「少年少女世界のお話」シリーズです。

「ピノキオ」とか「幸福の王子」とか
「小公女」「小公子」などの
世界の名作が載っているものです。

 

嬉しくて毎日読んでいたんですが・・・

今思えばストーリーは
「良い子にしてるといいことがある」
「悪いやつは滅びる。正義は勝つ」
みたいなお話ばかりでした 🙄 

 

当時は米ソ冷戦真っ盛り

善と悪が対立して
最後には善が勝つという
ストーリばかりでしたね~

 

さらに高度成長期だったので
「頑張って皆と努力すると
必ずいいことがある」

というストーリーも盛んでした。

 

小学時代に流行ったアニメは
巨人の星とアタックNO.1

根性でツライことを乗り越えよう!

皆で頑張れば幸せになる!というお話です 🙂 

 

まだ小学生で素直だった?私は

「良いことをしてれば幸せになる」

「みんなと一緒が大事」

というストーリーを
アタリマエ
だと思って育ちました。

 

 

一方で小学生になってから
私は自分の感情を
素直に表現しないようになっていきました。

 

ウチの両親は
二人ともかなり感情的だったんです。

今思えば当時30代
3人の子持ちだった両親は

若さのせいか
よく派手な喧嘩をしていました。

 

喧嘩の内容は覚えていないんですが
親が喧嘩すると
子どもは落ち着かなくなるものですね 🙁 

 

さらに喧嘩の後は
父がしばらくプリプリしてて

母の愚痴を長女の私が聞く・・・

というパターンでした。

 

幼少期の特徴 ツライ真面目だった私は
母の愚痴を聞き流す、
という技を知らなかったので
これがけっこうしんどかったです
(ヽ´ω`)

 

そこで私が学んだのは

「感情的に振る舞うと
他の人に嫌な思いをさせる」

「怒りの感情は出さないこと」

 

まあ、小学生だったので
直球の受け止め方なんですが

残念だったのは
「負の感情は出さないこと
我慢するべし」
になっちゃったんですね・・・ 🙁 

 

今の私がついていれば

『負の感情もエネルギーだから
感じていいんだよ

負の感情を感じるのも
「本当はこうしたい」という
プラスの思いがあるからだよ

まわりにぶつける以外にも
負の感情をリリースする方法があるよ』

って、教えてあげられたんですけどね~
(´・ω・`)

 

幼少期の特徴は 心まあ、当時の私はけなげ?にも
そう思い込んでしまったんですね。

 

それで一番残念だったのは

「負の感情を抑えよう
感じないようにしようとすると
自分の全ての感情とのつながりが悪くなる。

それでプラスの感情も感じられなくなる」

ということを知らなかったことなんです

これはこの先
けっこうイタイことにつながってしまいます
((+_+))

 

 

当時の東京都三鷹市は
豊かな自然や空き地がありました。

友達と毎日外でも遊んだり
休日には家族で出かけたり。

普通の公立小学生だった私は
そんな内面を持ちながら
思春期になっていきます。

 

「中学時代」に続きます
(^^)/

 

追伸:
『くまのプーさん』だけが
勧善懲悪の結末のない
不思議なお話でした。
かなりぶ厚い翻訳本だったんですが
何度も読んでました 😀 
「コブタ」「トーラ」「フクロ」
っていう名前でしたよ♡

 

今週のテーマのブログです
思春期コーチ誕生のストーリーその1:思春期コーチの思春期時代

珍しい思春期コーチの、ものすごくぼ~っとした中学時代のお話
花の都パリでショックをたくさん受けたというお話し
刺激を受けて気づいたことはもっと育てられる・・・というお話
体験は財産になる。財産は磨くとさらに進化する・・というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください