MENU

思春期コーチの誕生ストーリーその3:就職と遠いところに嫁に行くお話

Pocket

思春期コーチの誕生ストーリーその3

今週は就職・結婚と
人生の大きな曲がり角のお話です 🙂

パリまでのお話はこちらです。
高校・大学時代はこちらです 😳   )

 

好きなことを学ぶ楽しさを
ようやく見つけた私ですが
気がついたら4年生になっていました。

ふと周りを見ると
みなさん就職活動をしている様子です 😯 

はて、私はどうしよう?

 

思春期コーチ誕生のストーリーその3 人生当時私の頭のなかには

卒業する→ そのうち結婚
→ 子どもを育てる

という図式しか
相変わらずありませんでした 😯 

 

それが当時の多数派だったとしても
人の思い込みって
そう簡単には変わらないものですね~

 

まあ、私が
強烈なぼんやりさんだったし

おつきあいをしていた未来の夫と
「そのうち結婚しよう」という
話しになっていたのもあって

それ以外の発想さえ浮かびませんでした
┐(´д`)┌  アイカラワズ

 

未来の夫は
山形県酒田市出身です。

末っ子長男で「家を継ぐ人」でした。

 

私のうちも古いところがあって
「長男は弟だから
弟が家を継ぐ」という
前提がありました。

思春期コーチ誕生のストーリー 出ていく「えっ、私は大きくなったら
どこかに出て行くことを
期待されてるの? 😯 」

幼稚園の頃に
大人たちの会話を聞いて

びっくりしたのを覚えてます 🙄 

 

まあ、私の実家の場合は
「継ぐ」と言っても
戦後小さくなってたので
名字や家屋敷、お墓くらいでしたが

未来の夫の方は
継ぐものがもっと色々ありました。

 

全く知らなかったんですが
家に屋号があるような
代々続く大きな農家の長男だったんです。

親戚も大勢いる
「本家の跡取り」だったんですよ~

テニスサークルでは
そんな雰囲気ゼロだったのに
!!(゚д゚)!!

 

お付き合いが深まってから
そういうことを知って

初めて酒田に遊びに行きました。

その時お父さんから
「うちはこういう家なんだよ」と
先祖伝来の巻物を見せてもらいました。

「勤勉に働いて皆を大事にしなさい。

田畑を減らすことは
絶対にあってはいけない」

・・そんなことが書いてあったようです

思春期コーチ誕生のストーリー 巻物(実は達筆すぎて
ほとんど読めなかったので
解説してもらいました :mrgreen:

 

それに

「年三回
お正月と村の祭りとお盆には
親戚一同が何十人も自宅に集まって
座敷で酒席をするんだよ

それを女性が切り盛りする」

 

そういう家だけど来る?

お父さんの
優しさだったと思うのですが・・

 

パリ生活で
「どこでも生きていける」と
妙な自信を握っていた私は

「日本だし大丈夫」

\(・ω・)/

・・・・

私の未来予想図は
そのまま温存されました 
\(・ω・)/ \(・ω・)/

 

思春期コーチ誕生のストーリーその3 結婚この頃は男女雇用均等法が
できる直前です。

今では絶滅した「花嫁修業中」が
ひとつの肩書として
社会で立派に通用してました。

 

女性はクリスマスケーキと同じで
25(日・歳)を過ぎると
大安売りされる

そんなお話しもセクハラも
まかり通っていた頃でした。

今考えるとずいぶんですね
٩(๑`^´๑)۶

 

いつかお嫁に行くけど
それまで花嫁修業はいやだな~

しばらく仕事でもしようかな~

 

そんな動機で
就職活動をしていた人の群れに
私も紛れることになりました。

 

「奇跡の質問!」に続きます 😀 

 

追伸:
社会のアタリマエって
変わるもんですね。
人生100年時代なのに
これからはもっと早いペースで
アタリマエが変わりそうですよ~ 🙂 

 

今週のテーマのブログです
初めての就活!奇跡の質問をしてもらった・・というお話
ぼんやり娘、日本い著の部署に配属される!・・というお話
結婚は人生の一大事!・・のはず??というお話
ぼんやり娘、初めて叱られて驚く!・・・というお話
200:10の結婚式に向かって出発!・・というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください