ブログ

気分の浮き沈みが激しい理由とは?思春期に起きやすいこと

Pocket

気分の浮き沈みが激しい 気分気分の浮き沈みが激しい ことが
思春期にはあります。

それはホルモンの影響が
大きいのですが、他にも

心配事や不自由なものの見方から
起きてることもよくあります。

 

思春期はまだ成長中で
ものの見方が狭く
不自由なところもあります。

試行錯誤しながら
ものの見方も広げていく時期ですものね 😉 

 

今週はその
「ものの見方の不自由さ」の一つ

「自分の価値を外の要因で測る」について
お話しています 😀 

 

幸子コーチ
思春期になると「自分」が
気になリ始めます。

「家族の一員としての自分」から
「一人の個人としての自分」に
なっていく時期ですからね 😉 

とっても自然なことなんです。

 

気分の浮き沈みが激しい はてそれで
自分ってどんな人?

家族とどう違うの?

周りの友達と同じ?違う?

と意識するようになります。

 

その時に外見や成績など
外から見て分かりやすいものに
まず意識が向きやすいんですね。

 

特に思春期の始めには
自分の価値や自分らしさを
「外見」や「成績」「何かの結果」
「人の評価」という

分かりやすいもので
理解しようとします。

 

でもそういうものをイチイチ
自分の価値だと思ってしまうと
しんどいですね。

ひとつひとつの結果や他人の言葉は
自分では変えられないですから🙁 

 

気分の浮き沈みが激しい 上下またこの時期は友だちとの
小さな違いも
気になるので
なおさら気分が上下しやすくなります。

中学生のしんどさは
そのあたりにもあるんですね 🙁 

 

やがて成長していくに連れて
「考え方」や「大事にしていること」
「努力の仕方」など

もっと内面的なもの
結果を作ってるものにも

意識が向くようになっていきます。

こちらの方は
変えたり工夫したり
自分でできることがたくさんあります。

嫌な結果がでた時でも
「この先は自分で変えることもできる」
思えれば落ち着けます 😀 

 

ただ、外見や成績などの結果だけに
ずっとこだわっていると
なかなかこちらの発想に
シフトしにくくなってしまうんです 🙁 

 

お母さん
たしかに、大人でも
そういうことが
あるかも〜 😯 

 

気分の浮き沈みが激しい 執着幸子コーチ
そうですね。

思春期の頃に外的なもので
「自分は満たされなかった」
という思いがとても強いと
大人になってもそれを得ることに
執着することもあります。

 

また反対に、自分がそれで
「すごくいい気分」だったので
ずっとそれを追い求めることもあるんです。

例えば子どもの頃に
外見を褒められすぎたあまり
大人になってもずっとそれに
執着してしまうこともあります。

 

お母さん
へえ〜 😯 
ちょっと羨ましい?

 

幸子コーチ
ふふ、そうですね
(⌒▽⌒)

 

どちらにしても自分の価値が
ひとつひとつの結果次第だと

気分も不安定になりますよね。

気分の浮き沈みが激しい 恐怖いつも何かの結果で
最高ばかりにはならないです 🙄

 

でも、自分の努力とか工夫とか
自分で変えられるもの
変えられる未来に意識が向くと

もっと落ち着いた気分でいられるようになります。

ひとつの結果で
喜んだり落ち込んだりしても

やがて「次も頑張ろう!」とか
「次はもっと工夫すればいいや」と
気持ちを切り替えられますからね
(^_-)

 

お母さん
そういうことですか〜 😯 

確かにうちの子は
「結果」にとてもこだわってます。

友達同士で競争してるみたいです。

 

気分の浮き沈みが激しい 友達幸子コーチ
周りに影響されやすい年頃ですものね。

誰だって、いくつになっても
いい結果には嬉しくなるし
良くないとがっかりします。

ただ、ものの見方が広がって
自分ができることもある
ってわかると
もっと心安らかでいられます。

 

お母さん
そうですね〜

そういう風に子どもが
思ってくれたら嬉しいです。

それを引き出せるような
関わり方ってありますか?

 

はい、明日の
結果に一喜一憂しなくなる3つのポイント
に続きますね〜

 

追伸:
酒田は美味しいラーメン屋さんが
沢山あります。
昨日は魚介ベースの醤油味
をいただきました。
海の恵みも山の恵も豊富なので
食べものはどれもかなり美味しいです♡
空港も「おいしい庄内空港」
っていうんですよ~ (^_-)

 

今週のテーマのブログです
気分の浮き沈みが激しい子:ちょっとしたことで気分が大きく変わります

ものの見方を広げてみよう!結果に一喜一憂しなくなる3つのポイント
結果と努力について考えてみよう!これからの時代に大事な力とは?
自分の未来を少し先まで考えてみよう!眼の前のことにとらわれない技術
思春期の気分の浮き沈みは「性格だから」ではもったいない!

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP