MENU

『とにかく学校に行かせないと!』だと、見落としてしまうもの

Pocket

子どもから
『学校を休みたい』

そんなことを時々言われたら
お母さん・お父さんだって
不安になりますよね。

 

「不登校は大変」

そんな情報が
あちこちに流れていますものね。

 

でも、お子さんが
そんなことを言う時ほど
お母さん・お父さんが
お子さんの状態をガッツリと
把握するチャンスです!

 

思春期の子どもは柔軟です。

凹むの早いけれど
その子に合う関わりがあれば
すぐに元気を取り戻します!

そのためにも
ひとまず落ち着いて
お子さんの「今の状態」を把握しましょう。

 

でも、このタイミングで
お母さん・お父さんが

『学校に行かなくなったらどうしよう』
(ll||д゚ノ)ノ

そんな不安に絡めとられてしまったら

『とにかく学校に行かそう!』と
してしまうことがあります。

 

もちろん、お子さんの状態が
嫌だけど学校に行っているうちに
自然に良くなっていくケースもあります。

 

お子さんがしぶしぶでも
まずは学校に行くような時には
数日は変化をしっかりと
観察してあげてくださいね。

1週間は様子を見続けて
落ち着いているようならOKです 🙂 

 

でも、しぶしぶ行っていても
1週間以上たっても
お子さんの状態が変わらなかったり
元気がなくなっていくようなら
そのタイミングで
専門家に相談するのがオススメです。

身体の病気と同じで
「今自然治癒力が働いているかどうか」を
見定めていくことが大事です。

 

でも、お子さんの
『学校を休みたい』という言葉で
過剰に不安になってしまうと

お子さんが学校に行っただけで
お母さん・お父さんが
お子さんの状態を見なくなったり
話をしなくなってしまうことがあります。

 

不安のあまり
『子どもから何も言ってこなければ大丈夫』
という理屈を建ててしまうんです。

そしてその理屈の中に閉じこもり
お子さんの表情や動作、元気の無さに
目を向けなくなってしまうんです。

そうなると、せっかくの
お子さんからの「助けてサイン」を
見落としてしまいます (T_T)

 

怖いものは見たくない

 

そのお気持ちは
ホントよくわかります。

私も色んなことで
そう思うことがヤマモリです
(^^)>

 

でも、身体の病気と同じで
心の不調も早期発見・早期手当が
一番効果的です。

 

むしろ、しっかり観察することで
大丈夫だとわかれば
心から、ガッツリ安心できるんです!
(^^)/

 

また、様子が気になる時には
早めに専門家につなげれば
根本的に解決するアイデアがもらえます。

 

どちらでも
【しっかりした安心】を
手に入れることができますね
(^_-)

 

不登校は恥ずかしいことではありません。

その子が辛いことが問題です。

身体の病気を同じで
その子の自然治癒力
=生きる力を発動させればいいだけです。

 

不安になった時や
どうしたらいいのかわからない時には

身体の不調と同じように
「サクッと専門家の手を借りる」
という選択肢があることも
思い出してくださいね~

 

「どうすれば学校に行くんだろう」に続きます

 

追伸:
今日の東京は暑いです。
近所の小学校では
運動会をやってます。
お子さんたちは夢中になって
思い切り汗をかいてます。
充実感ありそうです~ (^^)

 

今週のテーマのブログです
思春期の子どもが学校を休みたがる時に、ついやってしまいがちなことは
『学校を休みたい』だけしか言わない子どもに起きていること
なぜ『なんで学校に行けないの?』と問い続けるとマズイのか

「どうすれば学校に行くんだろう」ばかりで頭が一杯になってしまうと
「学校を休みたい」と子どもが言う時に一番始めにすることは

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く無料メルマガのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことをお気軽にこちらから教えてください