MENU

自分の未来を少し先まで考えてみよう。目の前のことにとらわれない技術

Pocket

自分の未来を少し先まで 見る自分の未来を少し先まで
考えてみることは
気持ちを整えるのに役立ちます。

目の前の結果に
とらわれなくなって
気分の浮き沈みが少なくなってきます。

 

今日は結果についての考え方の
幅を広げるポイントその3

3.結果をもっと長期的な視野で見る

です!

 

幸子コーチ
もちろん結果も大事なんですけど

結果を生み出す努力や考え方にも
目が向くようになると
気持ちがずっと安定してきます。

結果に喜んだり凹んだりした後でも
「次自分ができること」に
気持ちを切り替えられますから 😀 

 

そしてさらに、
結果をもっと長期的に見れると
しっかり地に足がつくようになります。

 

自分が本当に未来に欲しい未来に
目の前の結果を結びつけてみると

目の前のことだけで
自分の価値は決まらないと思えます。

 

自分の未来を少し先まで 反応思春期は何かのできごとに
すぐに感情的に反応しやすい時期です。

でも、そのできごとをもっと落ち着いて
「それは本当にそうなの?」
「もっと長い目で見たらどうなの?」
と理性的に見なおす力は
まだまだ成長途中です。

 

これは脳の
前頭葉という部分のお仕事なんですが
前頭葉はなんと25歳から30歳までかけて
ゆ~っくり育つ部分なんです。

 

お母さん
ずいぶん、ゆっくりなんですね 😯 

 

幸子コーチ
そうなんですよ~

この部分は人間にしかないんです。

人間だけがものごとを
もっと長い目で見たり
色々な角度から考える力があるんです。

思春期は、この部分が育つ時期なので
何度もここを使うと訓練されて
いい仕事ができるようになります。

 

お母さん
意識して使うといいんですね 😯 

 

幸子コーチ
そうなんです。

何かあった時にも
自分でちょっと落ち着いて
「他の見方もあるかな?」
「もっと長い目で見たら?」と
考える癖をつけておくと
どんな子でもその力がぐんぐん伸びんるんですよ!

自分の未来を少し先まで 子どもたち今まで出会った多くの子達が
それを見せてくれてます♡

 

でも反対に、
いつも感情的になってたり
思いつきの行動のままでは
この力が育つチャンスがなくなるんです 🙁 

 

子どもに関わる大人は
この力が使えば育つものだと
知っておいて
子どもにどんどん使わせるように
関わりたいですね (^^)

 

お母さん
そうなんですね~ 😯 

じゃあ、例えば
どんなことができますか?

 

幸子コーチ
子どもの感情が動いている時には
まずはその感情に寄り添うのが一番目です 😉 

そしてそれから
他の見方ができるか尋ねたり
「この結果を未来に活かすには?」
「あなたのほしい未来って?」などの
子どもの意識がそちらに向くような
言葉がけをしてあげるのがオススメです。

 

お母さん
へえ、最初は
気持ちに寄り添うんですね 😯 

 

自分の未来を少し先まで 鍵幸子コーチ
はい、それが大事なポイントです!

感情が動いている時って
理性的なことを言われても
うまく受け取れないですよね。

どんな感情でも
まずそれを認めて表現することが大事です。

 

まだ思春期には
自分の感情を適切に表現することが
うまくない子もいます。

だんまり不機嫌や腕力とかではなく
言葉などでうまく表現できるように
練習させてあげるのも
大人の役目です。

 

そして子どもの気持ちが落ち着いた時に
未来にこの結果を活かせるように
「この結果に大きな影響を与えたことは?」
「それを未来に活かすとしたら?」などの
声がけをすると
子どももちゃんと受け止められます 😀 

 

どんな結果からでも
何かに気づくことができて
それを自分で未来に活かせる
子どもが思うようになったら
強く、たくましくなりますね
(^^)

 

自分の未来を少し先まで 喜びお母さん
わあ、そうなってくれたら
すごく嬉しいです (^o^)

 

「ピンチはチャンス」に続きます♡

 

追伸:
今せっせと4月からの
10代子育てコミュニケーション講座を
作っています。
昨年よりかなりバージョンアップの予定です。
いいものがお届けできるよう頑張ります!

 

今週のテーマのブログです
気分の浮き沈みが激しい子:ちょっとしたことですぐに気分が大きく変わります
気分の浮き沈みが激しい理由とは?思春期に起きやすいこと
ものの見方を広げてみよう!結果に一喜一憂しなくなる3つのポイント
結果と努力について考えてみよう!これからの時代に必要な力とは?

思春期の気分の浮き沈みは「性格だから」ではもったいない!

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください