MENU

幼稚園児、堂々の登場!!というお話:思春期コーチの大学時代

Pocket

幼稚園児 夢子幼稚園児 、堂々の登場!
というお話です。

 

さて、相変わらず物ごとを
流れのままに受け止めてばかりで
考えない私でしたが

大学では大きな
カルチャーショックを受けます。

 

なんとなくで進んだ経済学部

経済の仕組みとか政策の効果とか
どんなに高名な先生に学んでも
心に響きませんでした。

(そもそもちゃんと
興味を持ってないからです、はい :mrgreen:

それでもそんななか
なぜか惹きつけられたのは
「社会思想」の講義でした。

 

人の行動には理由がある

そこに興味を持ちました!

 

思えば高校時代に
『風土』という本から
人は環境に影響されると教わった時も
一人で興奮してました。

幼稚園児 タネ私の興味関心のタネは
『人』にあったようです 😀 

 

なぜAさんはこんな反応をするんだろう

私とAさんの違いってどこから来るの?

 

パリ生活でも色んな国で人を見て

人は本当にひとりひとり違う

でもひとりひとり違う日本人にも
共通の日本人っぽいところもある

フランス人はフランス人っぽい

不思議だな、面白いなと思ってました。

 

そういう「人の違い、個性」への
ちょっとした好奇心から
私は社会思想のゼミに
入ることになります。

 

当時社会思想は経済学部では
超マイナーなテーマでした。

幼稚園児 女子マイナー過ぎて
そこに女子が来るなんて
2年に一人くらいのものでした。

つまり、女子は
自分がゼミにいる間は
自分一人っきりなんです :mrgreen: 

 

でも「自分だけ周りと違う」ことに
完全に慣れてた私は
迷わずに社会思想・野地ゼミに入りました。

 

30名くらいの中の紅一点です。

それだけでも目立つのに
私は他のことでも
ダントツ目立つことになります。

 

それは・・

 

「ゼミ中に黙ってる」

「発言しない」ことでした 😯 

 

幼稚園児 可憐可憐な女子一人で
緊張のあまり

・・・ということではもちろんなく

 

薄い好奇心だけで入った私は

「社会思想」についての
知識が全くなかったで

完全についていけなかっただけのことなんです。

まあ、あたりまえですよね~
(^o^;)

 

マルクス、ルソーはなんか
世界史で聞いたような気もする

パーソンズって服の会社?

 

そんな人が
『僕は教師になりたいので
この2年でルソーの教育論を
自分のものにしたいと思います』

みたいな人達のなかで
対等に会話をするなんて

カスタネットを持った幼稚園児が
大学生のブラスバンドに
混じってるようなもんでした
(T_T) 

 

幼稚園児 遊戯

 

・・・居たんですね

学びを自分の人生と
ちゃんとつなげている学生。

・・というか
みんなもっと先のことを考えて
ゼミ選びをしてましたよね。

私のほうがずっとレア!
(T_T) (T_T) (T_T)

 

でも、私は
あまりのついていけなさに
すっかり固まってしまい

「社会思想って何?」と
調べることさえしませんでした。

ひたすらゼミの間
みんなの話を音楽のように
聞きながら過ごしていました。

 

よみがえるパリ時代の
周りが何を言ってるのかわからないまま
参加していた国語の授業・・・

同じ構図を日本語で再体験するなんて
。。゚(゚´Д`゚)゚。。

 

幼稚園児 沈黙みんな優しかったので
「思ったことはなんでも言っていいよ」と
そっと言葉をかけてくれましたが

ごめんなさい、頭が真っ白すぎて
何も浮かびませんでした
(T_T)

 

しか~し!

そんな私にもついに
変化の時がやってきます!!!

 

「初めてイキイキ行動する!」に続きます 😳 

 

追伸:
入ゼミ面接の時に真っ黒だった私を
野地教授は「可愛い男の子が来た」と
思われたそうです。
たしかスカート履いてたと思うんですが
(?_?)

 

今週のテーマのブログです
思春期コーチの誕生ストーリー2:17歳からのお話
花盛り・乙女ざかりの17歳 高校時代にやり遂げたのは?
あなたの人生の設定は?ものすごく残念だったお話
太陽の下で色々な出会いをいただいた・・というお話

うっかり入ったゼミで、初めてイキイキ行動する!というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください