ブログ

不登校から復帰したのに、また『行きたくない』!?

Pocket

不登校からの復帰 道不登校から復帰 したのに
また『行きたくない』って
どういうことだと思われますか?

 

ず~っと学校に行けなかったのに
ある日突然行きだして
そのままの勢いで
なんとか全復活する子もまれにはいますよね。

 

ところがなんです!

たいていの子はぼちぼちと行き始めて
「どうやら復活?」とお母さんが思う頃に
また『行きたくない』と言い出すことが多いんです。

何が起きているんでしょう?

 

こんな時には
「また行かなくなったらどうしよう!」と
不安になって、ドキドキしませんか?

『なんで行かないの!?』と
思わず言ってしまいそうですが・・・

ここで慌てないことが大事です (^_-)

 

実は再登校を始めると
ほとんどの子どもの場合には
3,4ヶ月の間に何度か
『行きたくない』があるものです 😀

お父さん・お母さんが
「そういうこともある」とわかってると
無駄に慌てることなく
上手にサポートすることができますね☆

 

そう、お父さん・お母さんが落ち着いている。

それが大事ですね!

落ち着いて見守られていることで
子どもも安心して多少の困難は自分で乗り越えられます。

 

子どもが『やっぱり行きたくない』と
言い出した時には
その子なりの”わけ”があります。

まずは落ち着いてその子なりの”わけ”に耳を傾けてあげてください。

 

今週お伝えした
①その子にとっての学校に行く意味
②友達関係③勉強の進め方
④エネルギー切れなどの課題
再登校を始めてしばらくしてから
出てくることもよくあります。

そんな時でもお父さん・お母さんから
落ち着いてゆっくり話を聞いてもらうことで

また自分で動き出せるようになることもよくあります。

不登校からの復帰 登校

子どもの話と気持ちをよく聞いて
今週のブログも参照されながら
その時に必要な具体的なサポートをしてあげてくださいね~
(^^)/

 

不登校からの再登校で一番大事なのは
「学校に早く戻ること」ではありません。

もちろん、学校に戻ることが
その子にとっての喜びになって
早く戻れればそれは嬉しいですね 😀 

 

それでもその子にとって一番大事なのは
「自分で選んで学校に戻れた」という体験です。

一度行けなくなったけど
気になる課題をクリアしながら
自分で望んでまた行けるようになった、という経験です。

 

一度は無理だと思ったことを
自分で決めてやってみたらできた

そういう体験にできたら
それはその子の自信になります。

 

人は人生の中で何度も
「難しそうだ」と思うことに出会います。

不登校からの復帰 飛び越えそんな時にもこの体験が
「でもやってみよう」とする力の源になるでしょう。

 

子どもの不登校をそんな体験にするためには
不登校からの再登校を
お父さん・お母さんが
「恥ずかしいマイナスからやっと0に戻ること」と
とらえないことがポイントです。

「子どもが自分なりに
難しいことにチャレンジしている」として
そのチャレンジが成功しやすいように
環境を整えたりエネルギーを与えたりして応援してあげてくださいね。

 

「復活した体験」をした子は
しなやかに強く生きることができるでしょう♡

思春期までの人生よりも
その先のほうがずっとずっと長いですからね~
\(^O^)/

 

追伸:
「復活した体験」は
同じ学校に戻ることでなくても得られます。
子どもが自分の体験をどう捉えるのか、が一番大事です。
大人はそれをサポートしたいですね 😀 

 

今週のテーマのブログです
不登校から再登校する時に気をつけたい5つのポイント
不登校の理由探しよりも子どもの登校する喜びを見つけよう!
不登校への友達の反応が気になる子ども。親はどう対応すればいいんだろう
不登校の勉強の遅れが気になる時の対応は?
不登校から復帰する時に優先するのは行く回数?居る長さ?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

ブログで書ききれないこともお伝えします☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください 

PAGETOP