ブログ

結果を意識しすぎて、目標が重荷になっていませんか?

Pocket

結果を意識 重荷結果を意識 しすぎて
目標が重荷になってしまうパターンに
真面目で素直な子どもほどハマりやすいんです 🙄 

思い出すことで
ウキウキとなるはずの目標が
いつのまにか
思い出すと苦しい
ツライものになっちゃうんでは
あまりにも残念ですね 🙁 

このパターンから抜け出しましょう!

 

では、結果を意識しすぎると
なぜそうなってしまうんでしょう?

まずは、そのカラクリを見ていきましょう!

 

目標を達成するという
結果ばかりを意識してると
このパターンの子は

「この結果がほしい♡」
という気持ちが

「そうならなかったらどうしよう」になり

さらにそれが、いつの間にか
「この結果を手に入れなければ」に

変わってしまうことがあるんです 😯 

 

時には周囲からの強い期待を受けて
そう思ってしまうこともあるでしょう。

 

結果を意識 道ここが大事な分かれ道です!

 

「手に入れなければならない」は
「手に入れないとダメ」になります。

自分を「恐怖で駆り立てる」ようになるんです。

ここから
ウキウキエネルギーは失われてしまうんです:-( 

 

この道にハマると
「まだ手に入れていない今はダメ」
という「今」の否定が始まります。

この「今の否定」が大問題なんです!!

 

目標を思い出す度に

今のままではダメだから
なんとかして良い結果にたどりつかないといけない

そうイメージが変わってしまうんです。

 

そうなると
今のダメなところがどんどん気になってきます。

アレもコレも改善しなくちゃ  :mrgreen: 

結果を意識 不安定今のままの自分では
アレもコレもダメだと思えてきちゃうんです。

 

そして焦りがガンガンふくらんで
「自分は本当に
望む結果を手に入れられるのだろうか」
と、疑心暗鬼になってきます。

地に足がつかなくなるんです 🙁 

 

そしてさらにそのまま突き進むと
「このままでは難しそう」が
「たぶん無理」「やっぱり無理」になっていきます 😯 

 

そうなると、やがて
「どうせ無理だからやっても意味がない」
と、目標に向かって何かをすることさえ
諦めてしまうようになるのです。

 

怖いですね〜 (TдT)

 

残念なことに、大人でも
「マイナスの未来をイメージして
それを避けようとするエネルギーで
行動する」パターンの方がいます。

 

結果を意識 綱自分を追い込んで頑張る

「◯◯しないと☓☓になるよ」のパターンです。

 

学校や塾の先生部活の指導者にも
時々いらっしゃいますね 🙁 

そういう言葉がけばかりされていると
真面目で素直な子どもほど
その思考パターンを自分でも身につけてしまいます。

 

たしかに恐怖エネルギーは
人を強力に動かします。

でも、その時は
弾かれたように動いても
結局恐怖のイメージを持ち続けるので
常に嫌な気持ちで居ることになります。

そうなるとストレスを常に受けている状態です。

パフォーマンスだって下がります 🙁 

 

さらに、そうやって
無理をして頑張り続けて
やっと目標を達成しても
得られるのは
「これで嫌な思いをしなくてすむ」
という、マイナスが0になる気持ちです。

心から湧き出す喜びとは全く違いますね 🙁 

 

さらに、結果は自分でコントロール出来ないものです。

結果を意識 負け残念ながら、どんなに頑張っても
望む結果が得られないことも時にはありますよね。

 

自分を追い込んで頑張っていた人は
最後に望む結果が得られないと
ずっと避けようとしていた恐怖が
実現することになるのですから
それはそれはしんどいです。

「絶望」してしまいやすいのです
(TдT) (TдT) (TдT)

 

もし、お子さんが
「◯◯しないといけない」が
口癖になっていたら要注意です!

ぜひ
「◯◯すれば大丈夫」になるよう
サポートしてあげてくださいね。

 

明日は
「目標をウキウキに保つには?」です
(^^)/

 

追伸:
今日の酒田は快晴です。
風が吹いているので
落ち葉も乾きそうです 😀 
たくさん集めて焼き芋でも〜♡

 

今週のテーマのブログです
No.1 目標で苦しくなる子

No.3 目標からやる気をずっと生み出す秘訣とは?
No.4 自分を追い込む癖を手放して、喜びで成長しよう!
No.5 成長の喜びを意識して、目標に向かう「今」を楽しもう!
No.6 模試の判定で「やる気」をなくしやすい10月11月の乗り切り方

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

ブログで書ききれないこともお伝えします☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP