ブログ

不登校は恥ずかしい?生きるための行動です!

Pocket

おはようございます。
髪が伸びすぎてしまいました。
今日ようやくカットの予定です 🙂 

 

さて
毎年夏休み明けのこの時期には
不登校のご相談を多くいただきます。

 

ある日お子さんが
『学校に行きたくない』と言い出したら
びっくりしますよね 😯 

 

そして
「学校に行かないなんてありえない 😡 」
という思いがぐるぐるして
頭を抱えちゃうかもしれません。

「なんとか学校に行かそう!」
と焦ったり

話題になっている
「いじめ問題かも!?」と
浮足立っちゃうこともあるでしょう。

この先どうなるんだろうという不安で
激しくドキドキしちゃいますよね。

 

どれも自然な反応ですが・・

こういう時こそひとつ
ゆ〜っくりと深呼吸をしてみてください。

 

こんな場面では
お子さんは不安定でしょう。

まずはお母さん・お父さんが
落ち着くことがとてもとても大事です。

 

学校に行けなくなる
行きたくなくなる理由は
本当にお一人お一人違います。

個別セッションでは
その方だけの状況に合わせて
その方が望む方向に進むお手伝いをさせていただいています。

 

その時に必ずお伝えしているのが

どんな状況からでも
その子に合うステップを踏むことで
必ず望む方向に進めるようになることと

不登校は恥ずかしいことじゃない

ということです。

 

これはどちらも
と~っても大事なことなんです!!

 

その子の状況に合わせて
進む速度は様々でも
その子のステップが見つかれば
必ず望む方向に動き出します。

お子さんが不安定な時こそ
「必ずその子の道がある」と
親御さんが落ち着くことで
お子さんにも安心感が伝わります。

今一番必要なのは安心感です。

 

それから、不登校の時には

みんなが行けているのに行けてない

学校は行くべきなのに行けてない

だから不登校は恥ずかしい

 

そんな言葉を投げかけてくる方も
中にはいらっしゃるので
お子さんもお母さんも

それを受け取ってしまいやすいのですが・・・

実はその
「恥ずかしい」とサヨナラすることが

登校も自由にできるようになる近道なんです 😉 

 

今週は
「不登校は恥ずかしい」を手放して
もっと自由になろう!というお話です。

明日に続きます (^^)/

 

追伸:
なんと手帳を見たら
前回のカットは5月末!
いくらなんでも新記録です〜
自分でもびっくり 😯 

 

今週のテーマのブログです
No.2 不登校はその子なりの「生き延びるための行動」
No.3 うちの子だけ不登校なのは恥ずかしい
No.4 不登校を恥ずかしいと思ってしまうと失ってしまうもの
No.5 「恥ずかしい」とサヨナラして不登校から脱出する3ステップ
No.6 不登校は恥ずかしいのではなく不自由な状態

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP