ブログ

「やってみてもいいか」という状態


おはようございます。
東京は今朝も雨でしたが
うちの愛犬は元気にお散歩してきました。

 

さて、人の言うことに

素直に耳を貸さない子どものお話です。

 

みどりさん
「なるほど、子どもが
自分のやり方を通している時って
色々な理由があるものですね」


「そうなんですね。

ガンコとか反抗期だから・・・と
言いたくなるところなんですが
ひとりひとりに理由があって
本当にそれは様々なんです」

みどりさん
「ふむふむ。

それにしても、他の人の良いアイデアを
とりいれることって重要ですよね」


「本当にそうですね 🙂 

特にこれからは
時代の流れもより早くなっていくと思います。

新しい情報や技術もどんどん
産み出されていきますから。

ビジネスの場面でも
少し前にはうまく行ったやり方が
数年でもう通用しない・・なんてことが
あちこちで起きています。

だからといって、なんでも
新しいものや人の言うことに
飛びつく必要は全く無いのですが
耳を傾ける、ということは
ますます重要になってくると思います」

みどりさん
「そう言えば、先日
イチローのお話しをしてくれましたよね。

イチローも誰かからのアドバイスで
良さそうと思ったことは
一度は自分でやってみる。

そして良いと思えば採用するし
良いと思わなければ
やらないということを
かなり繰り返しているんですよね」


「インタビューでそう語られていました」

みどりさん
「だから毎年変化しながらも
イチローらしさは失わず
ずっといい成績を残しているんですね。

あれだけいい結果をだしていたら
それを変えようとすることは
勇気がいりそうなのにすごいですね」


「そうなんです!

革新・改良を一番妨げるのは
今までの成功体験だったり
変わることへの怖さだったりします。

それは誰でも持つものですから
”でもそれを乗り越えてやってみたら
いいことがあった”という体験
子どもが自分で持てることがとても大事なんです 😀 

誰かのいうことに耳を傾けてみたら
良いことがあったという体験から

また新しい情報を
とりいれてみてもいいかも
という思いが生まれます」

みどりさん
「ふむ、それは
大人でも同じかもしれません」


「子どもがこだわって
自分のやり方を変えようとしない時には
「それよりもこっちの方がいいから」と
○☓や比較の話しで押し切ろうとすると
変えよう・嫌だのバトルになってしまい
本来のやり方についての話ではなくなってしまいます。

誰かの情報 → 
自分を否定され変えようとされる体験

になってはもったいないですね 😉 

まずはその子が抵抗なく
新しいやり方をやってみようと
思えるようになることが大事です」

みどりさん
「とにかく自分でやろうと思わなければ
テコでも動きませんからね 😀

小さい頃と違って
脅しても聞かないですし 😈 」


「そうですね (^o^)

そのためには、まず
その子なりのやり方の良いところや
その”理由”を認めていくことが大事です。

それの否定・無視から始まると
子どもの防御・抵抗が始まります」

みどりさん
「ちょっとめんどくさい気もしますが
そこに一手間かけることで
バトルになっちゃったり
あとでずっと文句を言い続けても
結局変わらないっていう状態よりも
大人の精神衛生上もいいかもしれませんね
(^o^)」

 

追伸:
丁度今日は愛犬をがペットサロンに行く日です。
まるごと洗ってもらうのですごくきれいになります。
プロの技はやっぱり違うので
毎回ふわっふわになって帰ってきます 😀 

 

今週のテーマのブログです
No.1 人の言うことを聞かない子
No.2 もっと大事なものがあるから
No.3 反抗期の子どもにうまく伝える方法
No.4 新しいことをすぐにやらない子
No.5 思春期の子どもの急激な変化には要注意です

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP