ブログ

間違いやすい?子どもの話を聞く技術

Pocket

こんにちは
昨日はセッション中に盛り上がって
大笑い になりました:-D 
あなたはお好み焼きに何を入れますか?

 

さて、口下手な子どもの
「自分を表現する力」を育てて
楽しく自由になってもらおう!というお話です。

 

みどりさん
『なるほど、聞くことで
子どもの話す力が育つんですね 🙂 

やってみます!

・・でも私、黙って話を聞けるかしら?』

 

ここでちょっと解説です  (^^)

 

今まで口下手なお子さんに
話すことの大事さを「伝えよう」
「理解させよう」とされてた方のなかには

「聞くことが大事」ということで

「子どもの話をしっかり聞こう
話を邪魔しないで
聞くことに集中しよう!」

と、今度は一言も発せず
真剣に聞こうと頑張る方もいらっしゃいます 😛 

 

それで、もったいないことに
『一生懸命聞いてみたんですけど
子どもは話さないんです』と
なってしまうことがあるんです (^_^;)

 

やっぱり会話は
お互いのリアクションがあることで
「弾む」ようになりますよね。

「聞く」が大事だからと真剣過ぎて
無表情に黙ってただ聞いていられると

話している方は
このまま話していて大丈夫?と
不安になってしまいそうです。

自然なリアクションがある方が
話も弾みますよね (^o^)

 

また、最近は
子どもの話を聞きましょうということで
会話技術として「オウム返し」や
「要約」などがよく紹介されています。

 

オウム返しというのは
子どもの言葉を繰り返すことです。

『さっき友だちに会ったよ』
『そう、友だちに会ったのね』

ちゃんと言葉を受け取っていることが伝わります。

 

そして「要約」というのは
子どもの話したことを
「それって~~~ということ?」と
まとめてみることです。

ちゃんと話しを理解してますよ
ということを伝えます。

 

どちらも上手に使うと
話を「聞いてる」ことが伝わるのですが・・・

子どもから話しを引き出そうと
これらを使いすぎて
逆効果になってしまったというお話しも
残念ながらよく聞きます 🙁 

 

特に思春期の子どもは
オウム返しが多いと嫌がります。

話を要約するのも
「自分の話を言い換えられている」と
感じることもよくあります。

 

どんな技術でもそうなのですが
「これを使って相手を~~させよう」
という思いが強すぎると

相手はなんとなく
「操作しようとされてる」と感じて
反発したくなってしまうものですよね。

 

会話技術を使っても
もっと自然に子どもと楽しく会話したいですよね。

 

では、反発されずに
「子どもが思わず話したくなる聞き方」って?

明日に続きます (^^)/

 

追伸:
なんと浜松ではお好み焼きに
「タクアン」を入れるのが普通だそうです。
紅しょうがはナイ!と言われちゃいました 😯 
コロコロに切ったタクアンが入っている味も
イケそうな気もしますが・・・
あなたはいかがでしょう 😀 

 

今週のテーマのブログです
No.1 口下手、話下手な子どものコミュニケーション力を育てる方法
No.2 残念な方向で子どものコミュニケーション力を上げようとしていませんか
No.3 なるほど!SNSでは本当のコミュニケーション力が育たないわけ

No.5 口下手な子どもでも、もっと話したくなる「話の聞き方」とは?
No.6 AI時代を生きる子どもたち。伝える力を育てよう

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP