ブログ

「伝えたい」時こそ「話す」よりも「聞く」!

Pocket

こんにちは。
今日はコーチ養成講座のフォローアップでした。
セッションがもっと楽しくできるよう
コーチ達と一緒に探求しました (^^)

 

さて、あるお母さんのお話です。

 

子どもと取り組んでいく
具体的な課題を決めたお母さんが
次にやってみたこととは?

 

『子どもの話を聞く、です 🙂 

 

決めた課題について
子どもとちゃんと話すことが
必要だとわかってたんですが
いつも話の途中で喧嘩になるので
それをなんとかしなくっちゃって思いました。

でも、どうやったら
喧嘩せずに話せるのか
さっぱりわからなかったんです 🙄 

 

そこで、佐藤さんから言われて
子どもが喧嘩せずに
話せてる人を思い出してみました。

そしたらおばあちゃんとは
けっこう長く話してることを思い出したんです。

おばあちゃんの言うことは
頼まれごとや注意事項でも
わりと素直に聞いているんです 😯 

 

そこで私と話している時と
何が違うんだろうとよく見てみました。

そしたら、一番大きな違いは
おばあちゃんは子どもの話を
とにかくよく聞いてるところでした。

なんと、注意してる時でも
子どもの言い分を聞いてる時間の方が

話してる時間より長いんです!

これにはびっくりです。

私はいつも
「なんとか伝えなくちゃ!」と

自分がいっぱい話していたんですから 😆

 

それから佐藤さんに
思春期の脳の特徴を教えてもらいました。

特に私にヒットしたのは
中学生の頃の男子は
自分の気持ちを言葉にすることが
難しくなることがある、ということです。

たしかに私も中学時代
女子達が言葉で攻めて行ったら
男子がモゴモゴして困ってたのを思い出しました 😎 

 

それで改めて考えてみたら
うちの子もすぐに答えることが
苦手なようだと気づいたんです。

自分の感情や考えを
とっさにうまく表現できないみたいです。

でもおばあちゃんは
いつも待ってくれるので
ゆっくりでも話せてたんですね〜

 

そこで自分と子どもの会話を
思い返してみたら・・

話の始めには私も一応
子どもの言い分も聞こうと思って
「なんでちゃんとできないの?」と聞くんです。

でもその時にたいてい子どもが
答えないか「別に」って言うので
そこからいつもケンカになってるって気づきました。

 

子どもに
そういう態度をとられると

「なんでさっさと言わないの?
ちゃんと向き合おうとしない!
ごまかしてばっかり!!」と
私の中で怒りが盛り上がってしまうんです。

で、そんな子どもを直そうと
どんどんこれでもかと喋ってしまう・・ 👿 

それでケンカです。

そういうパターンになってました!

 

このパターンを変えるために
何か違うことをしましょうと
佐藤さんから言われました。

そこで子どもに何か聞いたら
すぐに言葉が返ってこなくても

私は話を待とうと決めたんです。

子どもにも表現できてない
「自分なりの言い分」が
あるかもしれないとわかったので
とりあえず少しでも
子どもの話を聞いてから
私が喋ろうとしてみました。

 

やってみて、最初は
かなりイライラしましたけど
またケンカで終わるよりはましだ!
と思って頑張りました (^^)」

 

お母さんは決めたことをやってみました。

始めはお母さんと話すことを
お子さんもかなり嫌がってたのですが
やがて、聞かれたことに
だんだん長く答えるようになっていったんです 😀 

このステップには
少し忍耐と時間が要りましたが
よく頑張られました!

 

思春期になってくると
子どもがすらすら反論できなくても
その子なりの「言い分」を聞くことは重要です。

大人からすればそれが
変な理屈だとしても

「言い分」として
まず子どもの外に出すことが大事です。

今入っているもの出すことで
新しいものが入るスペースもできますね 😉 

 

特にイマドキの子は
「これが良いからこれをしなさい」
では気持ちがついてこないんです。

この傾向はどんどん強くなってます。

 

追伸:
やっぱりコーチングを学ぶ時間は大好きです。
仲間と一緒に話すことで
より楽しさが増えますね 😀 

 

今週のテーマのブログです
ある「子育てに失敗した」お母さんがやってみたこと
「子育て失敗」をリセットする!シンプルなこと
効果あり!性格じゃなくて行動を変えよう

子どもの話を聞いてみてわかった。必要な関わり方
あなたの笑顔を取り戻そう!子育ての極意

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP