ブログ

美容に悪い親子バトルを減らす最善の方法

Pocket

おはようございます。
だんだん夜も暑くなってきました。
愛犬が夜中に水を飲みたがって起こしてきます。

 

さて、これからの思春期の
子育ての基本についてのお話

今日はその第3番目

腹が立っている時には関わらない」です。

 

今日はちょっとイメージしやすいでしょうか  

また順にお話していきますね☆

 

思春期の子どもは
その成長の凸凹ゆえに
しばしば親の腹を立てさせるようなことをします。

 

小さい頃と同じように接しようとすると
邪険に嫌がったり

自分がイライラした時に
勝手に甘えて怒りをぶつけてみたり

口が達者になった分
支離滅裂だったり
屁理屈の生意気な文句が多くなったり

何度言っても同じNG行動を
繰り返し続けたり・・・

 

いくら目の前の子どもが
自分の愛するスイートちゃんでも
時には親だって
怒りが湧き出すこともありますよね 😈  

 

でも、どんな人でも
(多分マザーテレサだって)
感情的になっている時には
理性がうまく働かなくなります。

うまく「叱る」ことができずに
「怒る」になりがちです 😯  

 

そしてつい
大人が感情的になったとたん
揺らぎやすい思春期の子どもは
簡単に感情的に反応するようになってしまいます。

そう、脳の中の感情アクセルは過敏
ブレーキはかぼそいですからね、まだ 🙄  

 

子どもが感情的になってしまったら
もう「考える」役目の前頭葉はお手上げです。

どんなにこちらが理性的なことを言っても
子どもの方が
それを理性的に受け取ることが難しくなります。

小さい頃のように
大人の感情に圧倒されて
言うことをきく~なんて起こりません。

感情的に向かってくるか
感情的に無視するのどちらかです 👿  

 

そんな状態であれこれ言い合っても
「考える力」が育ったりしないし
お互い良い結果にはならなさそうですよね  

 

そこで
大人の怒りが湧いてしまったら
まずは一呼吸おいて
その感情を体の外にリリースしてしまいましょう。
(詳しくはこちらをご参照ください

それがすぐにできない時には
「ちょっとタイム!」がいいでしょう。

 

ゆっくり深呼吸をしたり
一時休戦?にして
他のことをしてからなど
お怒りモードが落ち着くまで
子どもに関わらないことが一番です。

 

その時すぐにバトルをするよりも
あとからタイミングと言い方を選んで
伝えるほうがずっとお互いの精神衛生上も快適です。

美容と健康が大事です!

 

なにしろ子どもと顔を合わせる時間は
まだまだたっぷりありますから
(•ө•)♡

 

追伸:
まだ夜は扇風機で頑張ってるんですが
そろそろクーラーかもしれません。
お腹を冷やさないようにせねば

 

今週のテーマのブログです
No.1 これからの思春期子育て5つの基本
No.2 これからの時代を生きる子どもに一番必要な力とは?
No.3 「急がば回れ」は思春期の子育てにこそ役に立つ!

No.5 子どものエネルギーを引き出す簡単で最強なこと
No.6 子どもに新しい行動や考えを定着させるには?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP