ブログ

目標があるとワクワクする子:思春期の子どもシリーズ


おはようございます。
今酒田の飛行場です。
飛行機が50分遅れになるそうなので
のんびり待っているところです 🙂 

山登り

 

さて、目標についてのお話です。

未来に具体的な目標イメージが有ると
やる気が出るタイプの「目標型」と
具体的イメージが有ることで
窮屈に感じてしまう「価値観型」

大きく分けると2つのタイプがあります、というお話です。

 

具体的な目標があると
テンションが上って頑張れるタイプが
「目標型」です。

自分の未来の「ありたい姿」を
リアルにイメージすることで
ワクワクしたり
何か動き出したくなる人はこのタイプですね。

 

目標型の人は
その未来イメージから逆算して
途中にいくつかの小目標を置いていくのがおすすめです。

それを一つづつクリアしていくことで
モチベーションを維持していくことができますから (^o^)

%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc自分の今の行動が
未来の目標に近づくためのもの、と
思えることでテンションも上がります。

 

それぞれの目標についての
時間意識も明確になるので
いつまでにはこれを達成したい!と
スケジュール管理もできるようになります。

毎日やるような作業でも
「これをやったら目標に近づく」と
イメージしていくことで、苦にならずにできていきます。

 

モチロン目標型の人でも
その目標において大事にしたい価値観があります。

例えば「金メダルをとる」にしても
「美しさ」「力強さ」仲間」などの
その人なりに大切にしたいものがあります。

 

目標型の人の価値観は
自分でそのなかのでの
優先順位をつけることが
できるのが特徴です。

今は「美しさ」が一番大事

選択肢その次は「仲間」だな、と
自分で考えることができます。

 

これは、「価値観型」の人には難しいところなのです。

価値観型の人は
いくつか持っている自分の価値観に
優先順位をつけることは苦手です 🙄

全部大事だしなぁ・・と思ってしまうんですね。

 

誰でも自分の「アタリマエ」が
人にとっても「アタリマエ」だと
思ってしまいがちですが
親子でタイプが違うことは実はよくあります。

 

親が目標型で子どもが価値観型だと
すれ違いが起こることもあります。

価値観型がある、と知らないと
親は子どもを見ていると不思議に思ってしまいます。

 

『なんで目標を建てようとしないのかな
 やる気が無いのかな』

『夢がない子って心配だわ』

悩む女性『自分のこだわりに優先順位をつけて
さっさと割り切ればいいじゃない』

 

イマドキは自分のこだわりにこだわる
価値観型の子がかなり増えているように
私は実感しています。

お子さんはどのタイプかな?と
思って観察してみると
意外な発見があるかもしれませんね
(^o^)

 

追伸:
飛行機の遅れが長引きそうです。
読む本も持ってきたし
東京での仕事は夕方からなので
お茶でも飲みながら過ごそうと思います。

 

驚きのセルフケア「リセット」を学んでみませんか

お茶会で気軽にお話してみませんか

 

今週のテーマのブログです
No.1 目標を立てたくない子

No.3 「夢」がなくても大丈夫!
No.4 目標と価値観のどちらも大事です
No.5
自分の心を手に入れる
No.6
ゴールするまでも楽しみましょう

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください。

PAGETOP