ブログ

罪悪感のメッセージを聞く

Pocket

おはようございます。
「たかが世界の終わり」という映画を観てきました。
カンヌ映画祭のグランプリを取った作品です。

 

さて、「自分を責める」についてのお話しです。

自分がうまくやれなかったことについて
あれこれ思ってしまうのは
誰にでもあることですよね。

そのつもりがなくたって
誰かを傷つけてしまったり
ベストにやれなかったということは
残念ながら
どうしても起こってしまいますから 😥

 

自分の期待通りに物事が進まない時に
私たちは、自分自身か
他の環境(ほとんど場合誰か他の人)の
どこかにその原因を探そうとします。

 

「なんでこんなことが起こったのだろう!」
⇒ その原因を探す
というのが、脳の中で起こります。

脳には、「わからないことを
そのままにしておくことができない」
という性質がありますからね 😉 

そこから、自分か他人かをその原因として
見つけて認定するわけです。

 

ここで、自分のなかに
原因を探しやすい傾向の人は
「自分のできなかったこと」を
見つけることが多くなります。

自分に「うまくできなかったこと」が
あると思うと
気分が下がってしまいますよね。

この感情が罪悪感です。

 

この感情は、できれば味わいたくない
嫌なものですよね。

でも、どんな感情でも
実はその感じているご本人を
助けるために生じているエネルギーなんです。

だから、嫌な気持ちであっても
無理に「ポジティブ!」にするために
その気持を感じないようにするよりも
ちょっと勇気入りますが

ちゃんとその感情の本来のメッセージを
受け取ったほうがいいんです (^^)

 

では、その「罪悪感」の
本来の役に立つメッセージってなんでしょう?

 

人間が「罪悪感」を感じる本来の目的は
「望まないことやってしまったことを受け入れる」
「相手に謝る」

「その嫌なことを繰り返さないようにする」
というステップを踏むことです。

この嫌な気持ちを
もう味わいたくない!と思わせることで
状況に向かい合って

この先の似たような状況では
「同じ失敗を繰り返さない」ために
感じている感情=エネルギーなんですね。

つまり「罪悪感」のメッセージは
「ちゃんとリカバリーして
同じ失敗を繰り返さないように

何ができるかを探してみよう」ということなんです 🙂 

 

ところが
「自分がうまくやれなかった」時に

ずっと自分を責めてしまうことがあります。

それは、本来の「罪悪感」エネルギーの
正しい?使い方ではないですね 😯 

 

そもそも、「責める」というのは
「言葉で落ち度を咎めることで
嫌な気持ちにさせて
相手を思い通りにするようにすること」です。

 

もし「まずいことをした」と
すでに思っているならば
さらに追い詰める必要もないですよね。

「思い通りにさせたい」のならば
ちゃんと「○○して欲しい」と言うほうがいいのです。

ただ落ち度を責めているだけだと
ひたすら嫌な気分になるだけですね 🙁 

むしろ、責められてるうちに
「他のやり方を探そう」という
意欲さえなくなってしまいます。

 

責め続けることで
メッセージを読み取られることもなく
過剰になってしまった罪悪感からは
非常にまずいことが起こってしまうことがあります。

 

そもそも何か一つのことが
上手にできなかったことから
始まっただけなのに
「悪い自分」「できない自分」が
拡大することで
「あれもこれもできない自分」になり
「そもそも自分はダメ」と思うようになるのです。

自分に自信がなくなるので
他のこと全般にもオドオドするようになり
自分が嫌いになります。

どうしたらいいのかわからなくなるので
最悪世界からひきこもってしまうことさえ起こります。

どんどん、本来の「罪悪感」の目的から
遠ざかってしまいますよね。

 

みどりさん
『ええっ!

・・・本当ですね 😯 

私、あれこれ自分のできないことを
思い出していて
自分のことが嫌いになってました~』

 

追伸:
「たかが世界の終わり」は
自分の感情にうまくつながれずに
人を責めてしまう家族のお話しです。
愛はやっぱり、愛だからこそ
素直に表現することが大事だと思いました。
自分にとっても、相手にとっても♡♡

 

今週のテーマのブログです
No.1 罪悪感

No.3 どうしても自分を責めてしまう時には?
No.4 誰かを傷つけてしまったと思う時
No.5 消えにくい罪悪感
No.6 思春期と罪悪感

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP