ブログ
  • HOME »
  • »
  • »
  • 不思議!ムカッとした時に一度「怒り」をリセットする方法

不思議!ムカッとした時に一度「怒り」をリセットする方法

Pocket

おはようございます。
九州の大雨被害が一刻も早く回復しますように。
今年の七夕のお願いにします。

 

さて、「子どもを怒りすぎる」を卒業するお話です。

「怒りすぎ」は絶対避けたいものですね 🙁 

 

では、「怒る」ってなんでしょう?

なぜ怒り過ぎちゃうんでしょう?

 

「怒る」は感情の一つですね。

「自分の望まない状況」を見つけた時の
「それじゃ嫌!」という反応です。

「嫌だから変えなくちゃ!」と
湧いてくるエネルギーが怒りです。

 

そして、全ての感情エネルギーは
本来はたった5秒で消えるんです。

 

えっ!!???

 

長く怒っていられるのは
次々と「怒り続けて」いるからなんです。

 

???

 

状況を見つけた時の怒りは
本当はたった5秒で終わるんです。

 

でも、次々と怒りがわき続けるのは
それについて頭のなかで
ずっと「考えている」からなんです。

「やっぱり」「また!」
「もういい加減にして」「許せない」

そういう思考が「怒り」をどんどん
新しく生み出し続けているというわけなんです。

 

??

 

では、ちょっとした実験をしてみましょう 😉 

 

一回だけ何か怒りが湧くことを思い出してみてください。

そして、そのまますぐ自分の意識を
自分の体の状態に向けます。

今、あなたの身体には、どんな変化が起きているでしょうか?

 

胸のあたりがぎゅっとなる

脇腹が頼りない感じになる・・・

 

こんなことが私の身体に起きるんだ~と
ただそのままを感じ続けてみてください。

 

そうすると、「あれ?」
そのエネルギーは自然に広がったり
流れたりしてなくなってしまいます。

そしてそうなった時には
最初の「怒り」の気持ちはもうないことに気づくでしょう。

 

「怒り」を抑える、我慢するというのは
このエネルギーの流れを
閉じ込めることになります。

抑えようと頑張ることで
身体の中に「怒りエネルギー」が
溜まってしまうんですね。

思わずムカッとした時には
そのエネルギーをただありのままにして
自然に体の外に流してしまいましょう。

 

子どもを叱る時には
「その前にお母さんが何度か
深呼吸をしてからにしましょう」
と今では私もお伝えしています。

呼吸にだけ意識を向けたなら
アレコレ考えることもないですし
身体もリラックスしてきます。

自然にエネルギーが流れるので
初めの「怒り」は終了してうまく「叱る」ことができるんです。

 

不思議ですよね~

でも、動物たちが感情を引きずらず
悠々と過ごしているのは

アレコレ考えないからなんです♡

私たちも時には
自分で「頭」をオフにしてみると
もっと快適に過ごせることもあるんですね 😉 

 

怒り以外の感情でも同じですので
マイナス感情が湧いた時には
実験してみてくださいね (^^)/

 

追伸:
感情に振り回されて
困っていた方にお伝えしました。
「自分でなんとかできるんだと
身体で体験できたので
なんだか自分に自信がつきました!」
めちゃ
嬉しい感想♡♡♡

 

今週のテーマのブログです
「子どもを怒りすぎる」から卒業する方法
やっぱりやめたい!「子どもを怒り過ぎる」の避けたい結末

意外?「なにをそんなに怒っているのか」を見つければスッキリ
「子どもを怒りすぎる」のはあなたの地雷のせいなのかも
怒りを我慢するのはNG!あなたに合う方法でリリースしましょう

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP