悩みおはようございます。

さて、『疲れた』『ダルい』が
なかなか抜けていかない
そんな子どものお話です。

 

今の子どもたちは
実に沢山の情報に囲まれています。

今の大人の思春期の頃との一番の違いは
人間関係からの情報が遥かに多いところです。

今も昔も思春期には、物理的には
とても狭い人間関係の中にいるのですが
携帯・PC・ゲーム機が
ものすごく進化してきてしまったので
その狭い人間関係がものすごく「濃い」のです。

 

学校から帰ってきてもオフにはできず
深夜でも早朝でも
その人間関係と繋がり続けて
多くの情報をお互いに交換しあっています。

思春期は友達との距離が
人生で一番近い時期だと言われていますが
彼/彼女たちの情報交換の回数と早さには
びっくりです。

スマホいじり大人には同じくらいの量とスピードで
情報交換を続けることはできないですね~
今の子どもたちはとても多くの情報刺激を
互いに交換しているんです 😯 

 

また、大人でも携帯やPCを見ていると
頼んでもいないのに
沢山の「おすすめ情報」が目に入ってきます。

画面の中の情報の半分以上がコマーシャル
そんなことだってありますね。

本を読むのとはそこが決定的に違います。

 

人は何かの情報(刺激)を受けると
「それが自分に大事なことなのかどうか」
「この情報にどう反応したら良いのか」
の判断をひとつひとつしています。

沢山の情報を受ける、ということは
沢山のそういう判断をしている
ということでもあります。

横になるそれなりに疲れちゃいますね~。

 

今の子どもたちが「疲れやすい」のには
そんな環境の変化もあります。

大きなストレスがなくても
知らず知らずのうちに
疲れがたまりやすいのが今の子どもたちです。
(目の酷使も重要課題です)

 

そういう、知らず知らずに溜まっている
疲れのリセットが
上手にできていればOKです。

もし、抜けきれてないなーと思ったら
意識してリセットしてみましょう。

 

「ユックリお風呂に入る」の他にも
「楽しく食事」もおすすめです。
これらは身体をゆるめることでのリセットです。

 

「感情がゆさぶられるような映画や音楽、本」
「笑い転げるような落語やお笑い」

溜まっている感情を揺さぶり動かすことができますね。

やる気同じように、子どもが話し好きなタイプなら
「子どもが興味が有ることを
 徹底的に話してもらう」
というのもおすすめです。
この時大人は一切口を挟まずに
子どもの”好き”という感情が出しきれるように
関わるのがポイントです 🙂 

 

「いつもとは違う空間に行ってみる」も
いいものです。
いつもとはおもいっきり違う空間
(旅行、ライブなど)を堪能してから
戻ってくると気分が変わっていることは
皆さんも体験されたことがあると思います(^^)

 

子どもが興味をもつのなら
呼吸法の効果は絶大です。
マインドフルネスという
穏やかな状態になれます 😉 

 

また、何か心にひっかかっている
小さくても気になっていることが
いくつかあるようであれば

一度全部ノートや付箋紙に
書き出してみるのもいいでしょう。

そういうコーチングっぽいことでの
モヤモヤ解消は他にも色々ありますので
おいおいお伝えしていきますね。

 

ロダンの考える人リセット方法を色々やってみても
なんだかダルい感じが増すようならば
自分では意識できていない大きな葛藤が
無意識に潜んでいる可能性があります。

その場合には無意識を扱うことが必要です。
個別にお問合せくださいませ。
⇒ お問い合わせ

 

追伸:
今日の東京はとても暑くなるそうです。
私はこれから白髪染めヘアカラーに行ってきます。

 

今週のテーマのブログです
No.1『疲れた』『ダルい』子どもたち
No.2 春だからぼーっとしちゃう
No.3 子どものぐるぐるを外に出そう
No.4 言いたくない。わからない

No.6 何かつまらない

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい