Pocket

おはようございます。
昨日から鹿児島に来ています。
こちらも結構寒いです。
昨夜は友達にとてもおいしい
お店に連れて行ってもらいました。

 

さて、今までご紹介してきた
タイプの子に加えて
「人との関係性に興味のある子」
というタイプもあります。

 

このタイプは、その場で
対面している人との

会話の中身よりも駆け引きに
意識が向きます。

その意識も、その瞬間のみの
感覚的なもので
論理的なものではありません。

そして、その場の関係性のために
自分でも思ってもいないようなことを
すらっと口にします。

例えばAさんが
漫画が好きだとして
Aさんと仲良くなりたいと思っていたら
「私も漫画が大好き〜」と
表現力豊かに言ったりしますが
実際は漫画はほとんど読まない人
だったりします。

 

本人はちょっとしたサービス精神で
「話を盛っている」感覚ですが
言っていることが一貫性がないので
ずぐに不審がられ、
嘘つき、と思われがちです。
そこから人間関係が
まずくなることがあります。

本来、気ままで、場当たり的で自由です。
動きと華やかさもあります。

 

このタイプが一番
他の人から
「なぜ、そんなことをするの?」と
わかりにくいかもしれません。

このタイプの要素が入っている人ならば
「わかる、わかる。
 悪気はないんだよね」と
納得されることと思います  😎 

 

誰かに出会うと、
「あの人と、私とどちらが
 今話の主導権を握っているのな」

「私の言葉や振る舞いが
 どれくらいこの人に影響を
 与えらるのだろう」

「あの人は私が耳を傾けるのに
 値するような人なのかしら?」

「この場で私は十分に注目されている?」

人との関係性に無意識に気がいきます。

 

場当たり的、感覚的に
離れたり、近づいたりを
自分のペースでしたがります。

相手のペースに合わせる、
ということは
あまり得意ではありません。

 

自分の感覚に沿う、
自分のペースがある、というところは
こだわり派のタイプと
似ているようですがもっと瞬間的で、
長期的な一貫性が要なく、
突飛で過激に変化します。

そこが不思議で
魅力的に見えたりもしまし
信用をなくすところでもあります。

 

それでも、自分が「この人は」と認めると
その人の言うことに
耳を傾けて聞くようになるということもあります。

相手がすっかり大人で
こういうタイプが寄ってきたり
離れていってもどっしりとして
安定的に自分を受け入れてくれると
心の内を話したりもします。

そうなってくると
自分の内側に目が行くようになり
落ち着きも出てきます。

 

まだ成長の最初の段階では
言葉や振る舞いで、
人に影響を与えて面白がるところがあり、
特に中学生頃は
そうやって、わざと
人の気を引こうとすることもあります。

 

昨日ご紹介した、自分のこだわりにだけ
興味関心がある子は
自分のペースを乱されるのが
得意でないので
あまり相性が良くありません。

こだわり派の子は
本来おとなしいのですが
自分のペースやこだわりを
乱されるのを嫌がりますので
わりと”反応”があります。
そして、基本あまり他人に
それを表現しないので
こっそり意地悪をするような
子に出会うと、
標的に
されやすいところがあります。

 

また、おとといご紹介した
人の様子に気の回る子は
こういうタイプに振り回されることがあります。

深刻な相談をされて
とても心配していたら
次に見かけると全くけろっとして
別のことをしていたりします。

 

マイペースな子は
あまり近づいても自分に
興味を持ちませんし
離れても追ってきません。
「つまらない」と感じるかもしれませんし
安定感が素敵!となるかもしれません。

 

こういうタイプは動きもあり
華やかさもあるので
女子グループのリーダーになることもあります。

そして、自分と同じタイプとは
合うか、合わないかです。

一緒に誰かをいじったりする時には
盛り上がりますが
何かの拍子で
互いの関係性がぐらつくと
険悪になったりもします。

 

本人からすると
自由に、当たり前に行動しているのですが
周りから浮いたり
理解されないことが多いです。

とてもこのタイプの要素が強いと
周りの友達や保護者からも
「嘘をつく子」として
烙印を押されてしまうことがあります。

また、長時間継続することも苦手
なので、勉強方法を
工夫することが必要な場合もあります。

 

このタイプでも、
自分とのコミュニケーションをとり、
実際周りに何が起きているのか

どうやっていけば
もっといい関係になっていくのかを
ゆっくりと一緒に見ていきます。

 

自分自身が不安定になりやすい
思春期には、このタイプは
結構人間関係をかき乱します。

自分自身が成長して安定したり、
どっしり構えていてくれて
自分のペースで戻った時に
よしよし、と迎えてくれる場があると
落ち着いてくるようになります。

 

うまく自分とのコミュニケーションが
とれるようになってくると
もっと別の形で
人との関係性を築く方向へ
力を伸ばしていけるようになります。

 

どんなタイプでも
いい悪いではなく
それが自然な振る舞いなのだ、
というところから
一緒にスタートしていきます。

 

追伸:
これから電車に乗ります。
お天気がいいので
海と桜島がよく見えそうです。

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから