ブログ

どうしても自分を責めてしまう時には?


こんにちは。
昨晩は神楽坂で息子と食事をしてきました。
「愛縁喜縁」さん。美味しかったです☆

 

さて、やりたくなかったことを
やってしまった時のお話しです。

「うわ~、やっちゃった 🙁 」と
思った時に感じる罪悪感は
確かに嫌なものですが
その感情の本来のメッセージ
「同じ失敗を繰り返さないためには
何ができる?」をちゃんと受け取れるといいですね。

 

でも、なかなかそうもいかず
「そうしてしまった自分」を
自分で責め続けてしまうこともありますよね。

責めてたって落ち込むだけで
良いことは起こらないのに
責め続けてしまう時には
そこにも「わけ」がありそうですね。

何が起きているのでしょう?

 

もう充分に
「まずいことをしちゃった」
と思っているのに
さらに「失敗を責め続けてしまう」のは

「してしまった」ことへの怒りが
まだそこにあるからかもしれません。

「本当はそんなことしたくなかった」のに
「やってしまった」ことについて
怒りがおさえられない状態なのかもしれません。

だから
「やってしまった自分」を許せずに
嫌な言葉を浴びせるという攻撃を
やめられないのかもしれませんね。

まだ「してしまったこと」に怒っていて
「こうなってしまった」ということを
「嫌だけどしょうがない」とは
受け止められてはいない状態です 🙁 

 

私、本当はそんなことしたくなかった!

という気持ちがまだ充分に救われていないんですね。

 

このような怒りの気持ちが強いままでは
「今」の状況を受け入れられないので
「次はどうする?」なんて
考えることができませんよね。

 

まずは怒りの気持ちを
充分にリリースすることが必要なようです。

 

「怒り」をリリースするためには
少し時間をとって
怒りの言い分を聞いてみるのが
実は一番の近道です。

ちょっと勇気がいるかもしれませんが 🙄 

 

リリースされていない感情がある時には
理屈でそれを説得しようとするよりも

まずはその感情の言い分を
存分に聞いてみることが必要なんです。

「怒り」の場合には
何について一番怒っているのかを

わかるようになることが大事です。

 

この時のポイントは
「あ、やっちゃった!」と思った時の
その瞬間に
感じていた気持ちだけを
ただ感じてみることです。

 

「できなかったから私はダメだ」
などの
「連想」「発展」はしないように。

「もっと頑張ればできた」とか
「そもそも根性がない」とか
そういうコメントも一切お休みです。

また
「そうだそうだ、それは❍❍が悪い」
「△△のせいで、こうなった」という
合いの手もしないこと 😉 

 

ただ、その時感じていたことを
そのまま「そうかそうか」と受け止めていきます。

 

私、そんなつもりじゃなかった

もっとうまくやりたかった

人を傷つけたくなかった

でも、出来なかったから悔しい~~

 

そうすることで
「そうか、頑張ろうとしてたのに

できなくて悔しかったんだ」
「人を傷つけたくなかったんだね」と

自分でしっかりとその気持を
受け止めることができるようになります。

ふむふむ、うまくやりたかったのに
できなかったら嫌になるのも当然だよね
と、そのまま受け止めていきましょう。

 

だって、本当に当然ですよね。

そして、どんな気持ちがあったって良いんです。
それに振り回さなければいいだけです 😀 

 

自分のなかの怒りの気持ちだけを
ただ「そうだよね」と感じきっていくと

「わかってもらった~」と
落ち着いてくる時がやってきます。

 

そしてその時になったなら、ようやく
「本当はどうしたかったのか?」を
聞いてみることができるタイミングです。

「本当はちゃんとやりたかった」

「じゃあ、今度ちゃんとやれるために
何かできることはある?」と

本来の罪悪感のメッセージに戻っていけるようになります。

 

自分を責めることが
どうしてもやめられない時には
少し時間をとって

ちゃんとやれなかったことへの
怒りの気持ちを十分聞くことで
ぬけられることがよくあります。

「本当は何が嫌なのか」を感じることが大事です。

 

自分で自分の怒りの言い分を聞くことが
怖かったり
コメントや合いの手を休ませるのが
難しいなあと思うような時には
プロの手を借りてみるのもオススメです 😀 

 

怒りを抱えたままで
前に進もうとするのは難しいものです。

たまった怒りをリリースできると
ものすごくスッキリできます。

そうなると
本当に自分がしたかったことが

できるようになっていきます (^o^)

 

追伸:
他の人への怒りが収まらない時にも
この方法をやってみることもできます
(^^)/

 

今週のテーマのブログです
No.1 罪悪感
No.2 罪悪感のメッセージを聞く

No.4 誰かを傷つけてしまったと思う時
No.5 消えにくい罪悪感
No.6 思春期と罪悪感

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP