Pocket

おはようございます。
思春期になると子育ては
難しくなる?というお話しです。

 

みどりさん
『親が力関係で押し付けるというのは
怒ったり何かを罰として
子どもから取り上げたりすることですか?』


『う~ん、親だって
期待がはずれれば怒りが湧くのは
とても自然なことですよね。

別に怒っていても良いのですが
怒りにまかせてしまっては
肝心の伝え方がおかしくなってしまうので
そこを気をつければ良いと思います』

みどりさん
『え、怒ってても良いんですか?!』


『昔から”真剣に怒られて目が覚めた”
というお話もありますよね。

怒り口調であっても
本当に言いたいことが
相手に伝わるかどうかが大事だと思います。

 

でも、イマドキの子どもたちは
基本的に”言い方”にとても敏感です。
話しながらも
ちゃんと言いたいことが
子どもに伝わっているかには
注意することがより必要です。

特に中学生頃は
親への反発心が強かったり
慢性的な不安感やイライラ状態があります。

このような時には
内容よりも”怒られた”ということに
反応するかもしれませんね』

みどりさん
『たしかに、子どもが
不機嫌そうな口調で何かを言ってくると
私も心に余裕が無い時には
まず”なんでその口調?!”と
むかっときますね 😎 』


『私もです (^^) 特に旦那には

誰でも心に不安やイライラなど
ストレスを抱えている時には
ちょっとした刺激で
怒りやすくなりますよね。

怒りって一つのストレス解消法ですから』

みどりさん
『・・・確かに怒鳴るとスッキリします 😎 』


『また、学校に行きづらいとか
友達関係で悩んでいるなど
自分が何か
うまく行っていないと感じている時は
なんとかしたいと思っていても
どうしたら良いのかがわからない状態です。

自分のコントロール感を失っていて
不安と怒りを持っています。

この状態の時に自分を上から力で
コントロールしてくるような関わりがあると
猛烈に反発するということも起きます。

 

このような状態の時には
良かれと思ってあれこれ
”指示をだす”よりも
選択肢としていくつか情報を与えて
決めるのはあなたよ~という関わり方の方が
相手にはずっと優しいです。』

みどりさん
『なるほど。
思春期はベースが不安定で
イライラしがちな時期ですもんね。

つい私も忘れちゃいますが』


『この時期の子どもは
できないことが増えたり
それでいて
ナマイキな事を言ったりするので
親もカチンと来ることが多いですよね。

ただ、子どもが思春期になると
どうしても
脳内の”感情反応”部分が過敏になります。

そこで親の”怒り”という感情に
過剰に反応しやすくなるのです』

みどりさん
『その子どもの感情反応に
こちらも感情的に反応して・・・
というやりとりが多くなりますね。

どうしたらいいでしょう!』


『まずは親が
今の自分の感情に気づいていることと
子どもの今の感情・感情に気づくことが

大事なポイントになってきます。

今の子どもの状態が
聞く耳あるかどうかの判断も大事ですが
一番最初は自分の感情や心の状態に
自分で気づくところですね。

 

今私ムカついてるわ~と分かって
今は子どもに分かりやすくなんて話せない!
子どもの立場になんて立てないわ!
と思ったら
ひとまず時間を置く、というのも
良い選択肢ですよね』

みどりさん
『うまくやれそうにない時には
やめるのもありですね』


『親だから無理やり怒りを我慢する
ということよりも
仕切り直しができればいいと思います。

暮らしをともにしているからこそ
話すタイミングを選ぶことができます。
家族だからこそできる方法ですね☆』

 

思春期親子コミュニケーション10日間講座

 

今週のテーマのブログです
No.1 思春期の子育ては難しい?
No.2 大事な話はちょっと丁寧に包んで渡す

No.4 子どもが決めるルール作り
No.5 思春期の親子の感情

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい