おはようございます。
昨日はコーチ仲間と
子どもたちの未来について
熱く語り合いました。
楽しかった~ 😳 

太郎君

 

さて、今朝も散歩をしていると
近所の太郎君に出会いました。

太郎
『おはよう、佐藤さん』


『おはよう、太郎君!』

太郎
『今から図書館に行くんだ。
 夏休みの宿題で仕事について
 何か書くんだよ』


『頑張っているね、太郎君』

太郎
『でも仕事ってよくわからない。
 自分で何か選んで調べるんだけど』

 

ここでちょっと解説です。

最近中学生の夏休みの宿題に
「職業調べ」が多いようです。

そして
『何を選んだらいいのかわからない』
という声もよく聞きます。

 

テニスイチロー選手や錦織君みたいに
小さい頃から
「これになりたい!」というものを
見つけられている子はラッキーですね。

でも、どうやらほとんどの中学生は
まだ見つけてはいないようです。

 

そういう意味ではこの夏休みの宿題が
自分の未来をイメージするチャンスになりますね。

自分が何に興味を持っているのかを
探求するチャンスにもできます。

 

もっと大きくなって
リアルな就活を意識することになる頃に
「自分が何をしたいのかわからない」
というお悩みを持っている子は
今の大学生でも結構います。

そんな状態からでもセッションをしながら
最終的には自分が本当に進みたい方向を
見つけることはできます。

 

入社ただ、これから先の未来は
今よりももっと多種多様な選択肢が
どんどん増えてくると予測されています。

ということは、今の就活生よりも
ずっと沢山の「仕事」の種類と
働き方の中から選ぶことになってきます。

選択かける時間もずっと多く必要になるでしょう。

就活のあり方も必ず変わっていくでしょう。

今のうちから「仕事」について
意識をしておくのは
どんな子にとっても大事なことだと思います。

 

今週はそんな「仕事」「職業」についてのお話しです。

 

FINEコミュニケーション体験講座

 

今週のテーマのブログです
No.2 未来の自分に興味を持とう
No.3 リアルと自分の基準の間
No.4 13才+αにも役立ちます
No.5 自分の基準が大事です!
No.6 自分とのコミュニケーション

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい