ブログ

子どものエネルギーを引き出す簡単で最強なこと

Pocket

おはようございます。
最近は簡単便利なオキソクリーンのおかげで
あちこち掃除してます 😀  

 

さて、これからの思春期子育ての
基本についてのお話

今日はその4番目

子どものエネルギーを引き出す」です。

 

子どもが
何かを選んだり行動するには
「やってみよう!」っていうエネルギーが必要ですよね。

 

確かにそうだけどどうやって
子どものエネルギーを引き出すの?

 

はい、ズバリ「勇気づけ」です! 

 

思春期の子どもは心が敏感です。

「怒り」などのネガティブな感情にも
敏感に反応しますが
もちろんポジティブな感情にもとても良く反応します。

楽しいことが大好きですし
自分にまだ自信がないのもあって
誰かに「いいね!」と言われると
内心ではとても嬉しいし安心します。

 

そして誰でも
「喜び」「嬉しい」「楽しい」
「安心」「認められた」「幸せ」
などの感情が湧くと

同じことをしてまたそれを感じたいな~

と思い、エネルギーが湧いてきます。

 

なので
子どもの喜ばしいところや
これからもやってほしいことを見つけたら
すかさずその場でそれについて
勇気づけの言葉をかけていきましょう!

 

・・・と言うと
「子どもを操作する」のために褒めるの?
って思われるかもしれませんが

実は勇気づけというのは

 

「子どもがそうしてくれて嬉しい」
という、大人の喜び

「それができるよう努力したね!」
という、子どもの努力を見てたよ!という承認

「あなたのこんなところがステキだと思う」
という、子どもの存在の寿ぎ

 

などの、親がその時に感じている
ポジティブな感情をただ言葉にすることです。

子どもを誰かと比較して・・・
というのではなく
ただその子に頑張りや
良いところについてのポジティブな感情の表現です。

 

それが子どもにとって
心の「青信号」になり
前に進むエネルギーが湧くんです。

 

そんなこと言うの慣れてないわ~

私もしてもらったことないわ~

 

そうですよね 🙄  

 

ただ、これをやってみると
とても素晴らしいことが起こるんです (^^)/

 

実は私達の脳は、生き残るために
「嫌なこと」「危険なこと」には
敏感でいつも注意を払っています。

心や身体が怪我したり死んだりすると
大変なので
「嫌なこと」は見つけ次第
すぐに相手に伝えたり
何度も強く思い出して注意するようにできています。

 

でも「嬉しいこと」や
「ありがたいこと」については
もしそれがなくても怪我したり
死んだりすることはないので
「その時に感じて終了」になることが多いのです。

 

つまり、放っておくと私たちは
せっかく子どもに対して
「いいな」と思ったことを
言葉にして伝えたり
何度も思い出すことが圧倒的に少なくなってしまうんです。

「黄色信号」か「赤信号」ばかりで
子どもへの「青信号」が驚くほど少ないんです。

もったいないですね 😯  

 

結果的に親しい間柄であればあるほど
人は気を使わなくなってしまうので
お互いの良いところや
やってくれて嬉しいと思ったことを
伝えあわずに

嫌だと思ったこと
変えてほしいことばかり言うようになってしまうんです。

 

そうすると誰でも
自分のダメなところ
できていないところばかり言われ続けたら
その人の話しを聞きたくなくなりますし
そもそも自分に自信がなくなってしまいますよね。

いつの間にか生きるエネルギーが下がってしまいます 🙁  

 

身近な人にこそ
大事な子どもにこそ
そんなことになって欲しくはないですよね。

 

せっかく感じた子どもの
ステキなところや行動・頑張りは
ちょっとだけ意識して言葉にして伝えてみてください。

子どもにエネルギーが湧いて
青信号が見えたなら
きっと勢い良く動き出すでしょう 😀  

 

日本人はあまりそんな習慣はないですが
日常の会話のおまけにでも
「あなたのことを大切に思ってるよ」も
伝えられたらいいですね。

 

子どもは聞いてないふりをしたり
「キモイ」と言うかもしれませんが

やっぱり必ず心のどこかに残ると思います。

 

それがいつの間にか確実に
子どもの自信のもとになっていくでしょう。

 

追伸:
今日は台所のシンクを掃除してます。
・・と言ってもつけてるだけです。
「簡単」に「きれいになる」と思うと
やりたくなります。単純な私  

 

今週のテーマのブログです
これからの思春期子育て5つの基本
これからの時代を生きる子どもに一番必要な力とは?
「急がば回れ」は思春期の子育てにこそ役に立つ!
美容に悪い親子バトルを減らす最善の方法

子どもに新しい行動や考えを定着させるには?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP