Pocket

おはようございます。
一昨日箱根の温泉に泊まって来ました。
人出もあり、賑わっていました。

 

さて、昨日のブログでは
「今ここに居られる力」と
「今を時の流れの中で見れる力」の
どちらも大切、というお話をしました。

 

今ここに居られる力が強くて
時間管理が苦手なお子さんの場合
”課題が在る”として
相談にいらっしゃることがあるのですが
時間管理は得意でも
今ここに居られないお子さんの場合には
”課題が在る”と見られないままで
見過ごされることがあります。

今ここに居られない、というのは
今の自分の感情や感覚に
つながれないことです。
常に、先へ先へ意識が向いてしまうようであれば
少し丁寧に子どもの中で起きていることを
扱ってみるのが良いと思います。

 

外から見ると
ちゃんちゃんと先のことを
準備しているようなので
[良い子][うまく行っている子]
だと思われるのですが
「今は、先の時間のため準備」
になってしまていては
本末転倒です。

もしそのような状態であれば
「ちゃんと準備しておかないと
 失敗する」
「自分は一生懸命やらないと
 うまくいかない」
という気持にせきたてられて
準備をしています。

何かに対して強烈な恐怖心を持っています。

それまでに、何か
とても怖い思いをしたことがあるのです。

 

今ここにいながら
未来の準備をしているのとは
違うことが起きています。

 

その違いをちゃんと見極めることが大事です。

もし、強く怖い気持ちがあるのなら
「自分はいつも大丈夫」
「そのままでOK」と
お子さんが思えるように
サポートしていくことが必要な状態です。

 

そのような状態かも?と思われたら
是非早めに専門家にご相談ください。

 

このような状態では
食べ過ぎだったり
何かを過剰に心配する、という
ことも見られるかもしれません。

それが強くなっていて
過食症や不安障害という
診断名がついていても
必ず良くなることができます。

いつからでも
どんな段階からでも
必ず良くなることができます。

まずは、専門家に相談してみましょう。

 

追伸:
箱根の帰りに小田原に寄りました。
小田原城では
小さな子どもが
忍者姿になって歩いていて
とても可愛かったです (^^)

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから