ブログ

ご存知ですか?「キレる子こそ育つ」は本当です


こんにちは。
小学生から大学生まで
色々な年の子どもと話してますが
ほんとにどの子も魅力的でかわいくて仕方ありません 😀 

 

さて、キレる子に笑顔をとりもどすお話です。

 

キレる子どもは扱いづらい。

なんせ攻撃してくるんですもの
関わりづらいですよね 🙄 

 

でも、それでもあきらめずに
その子の理由を一緒に見つけて
仲間として解決していけば
「キレる」必要がなくなります。

安心して笑顔になってきます。

 

始めのうちは
「キレる」のが習慣なので
そりゃ~キレてきますし  😎 
キレてる理由を尋ねても
本人も本当の理由が
わからなくなっていることが多いものです。

それでも丁寧に関わっていくうちに
「本当の理由」を探そうとするようになります。

もし子どもが自分の気持を話し始めたら大前進!

最後までしっかり聞いて
親に対することなら話し合い
その他のことなら
「サポートできることは何?」と尋ねていきましょう。

本当の問題を解決するのを手伝ってあげてみてください。

 

キレる子どもは不器用ですが
本当はキレずにすむ方法を探してます。

それを手伝って貰える人を探してます。

 

自分の感情の
本当に言いたいことを見つけるのは
自分とのコミュニケーション

それをうまく人に伝えるのは
他人とのコミュニケーション

どちらのコミュニケーションも
生きていく上で大事な大事な技術です。

 

よくコミュニケーションと言えば
他人との付き合い方だと言われますが
実は、それはまず
自分とのコミュニケーションから始まります

自分が何を感じているのか
本当は何を言いたいのかわからないと
人に何を伝えれば良いのかわかりませんよね 😉 

そこを手伝ってあげてほしいのです。

 

自分とコミュニケーションをすれば
自分のことがわかります。

自分のことがわかると
自分とうまくつきあえるようになり

自分のことが好きになります。

生きる自信もわいてきます。

 

コミュニケーションって学校では習いませんよね。

大人世代は自分なりに
試行錯誤しながら身につけてきました。

だから大人でも上手な人もいれば
あまり上手でない人もいます。

 

「私もあまり上手でない」のでも良いのです。

出来る限りで子どもを手伝ってみてください。

一緒にやっているうちに
お互い上達していきますから (^^)

コミュニケーションは技術なので
必ずどんな人でも上達します。

 

また、子どもがキレやすくなってる理由は
親への不満以外にも
身体的な不調や
子どもの人間関係
将来への不安など様々なことがあります。

幅広く考えてみてくださいね。

 

もし、理由がうまく見つからない時や
理由の解決が難しい時
親には言いにくいことの場合などには
専門家を上手に使うのがオススメです。

どんな状態からでも
必ず味方になってくれますし
上手な表現の練習も手伝ってくれるでしょう。

 

キレる子こそ本当は
上手にコミュニケーションしたいのです。

そこにうまく関われれば、必ず
どんどん笑顔も増えますし生きる力も育ちます。

あきらめちゃってはもったいない!

是非トライしてみてくださいね (^^)/

 

追伸:
コミュニケーションは実は学べば簡単です。
学べは必ずどんな子でも大人でも
「な~んだ、そうすればいいんだ!」
って言いますから (^^)
思春期の生きる力コーチングの
コミュニケーション講座もご活用くださいね。

 

今週のテーマのブログです
No.1 「キレやすい子」とあきれめないで!子どもに笑顔をとりもどす方法
No.2 鉄則!キレる子どもにはワンランク上の対応で
No.3 ワガママだからとあきらめないで!キレる子が安心する時
No.4 見直そう!キレやすい身体を作っていませんか?
No.5 誰でもできる!キレる子に油を注がない必殺技

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP