おはようございます。
寒くなってまいりました。コートの裏地をつけないでいたら
ついに耐えられなくなってきました。
(付けたら?っていう話ですが 🙄 )

 

 

さて、学校にいけない、
ということが起こると
それが「大問題」になってきます。

登校もちろん、楽しく学校に行ければ
一番良いのですが
そうできない場合には
なにか理由があります。

 

その理由を見つけて
それを解消して
学校に行くことを目指す、のも
良いのですが
一番大切なのは
何がその子にとって大切で
その子がどうなりたいのか、
ということを
一番にみんなで考えることです。

 

その子が
やりたいと思っていることは何?

大学生になりたい?
大学で何をしたいの?
大人になったらどんな生活をしたいの?
結婚はしたい?
子どもは欲しい?
仕事はどんな風にしたい?

 

たとえ小学生でも
その子なりのイメージがあります。

 

山登りそんな人生を送るために
今何をしたら良いのかな、
というところから
「学校に行く」ということを
一緒に考えてみると
面白いアイデアが色々
子どもから出てきます。

時には大人の枠を超えた
面白いアイデアが出て
一緒に大笑いしているうちに
勝手に登校し始めることもあります。

 

追伸:
コートの裏地を付けるのは
年に一度のことなのに
ボタンをこまめに付けるのが
面倒な気がしてつけないんですね、きっと。

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい