ブログ

意外?「なにをそんなに怒っているのか」を見つければスッキリ


おはようございます。
散歩の途中でベンチに座ってたら
ふと腕に何か触れた感じが・・
と思ったら大きな虫に刺されてました 😯 

 

さて、「子どもを叱りすぎる」を卒業するお話です。

 

これで昔の怒りん坊の私も
ムカッとした時でも、いったん
リセットすることができるようになりました。

嫌な状況を見つけても
怒り続けるのはひとまずやめられます 😀 

 

次はその「嫌な状況」を変えていきましょう。

自分が嫌な状況は
我慢したり、無視するのではなく
やっぱり変えてたいですよね。

怒りすぎること無く
嫌な状況を変えていくためには
どうしたらいいんでしょう?

 

まず、そんなに怒り続けるほど
「何が嫌なのか」ということを見てみます。

 

例えば私の場合、子どもが
「何度言っても弁当箱を出さない」
だったら

帰ってからすぐに出してないことが嫌
何度も言っているのに改善しないのが嫌

すぐに出さないと弁当箱が臭くなる

洗うのが嫌になる

でも、弁当を作らないと
子どもが困るのも嫌

そういう親の気持ちを
分からないで何度も繰り返すのが嫌

自分が尊重されてないのが嫌

・・ということが見えてきました。

 

キモは
*弁当箱を後から洗うのは嫌だ
*その嫌なものをやっても
 弁当を作っている私を
 少しは尊重して欲しい
だったんです。

 

それがわかって、私は

「臭いのを我慢して洗ってまで
弁当を作っている気持ちを
わかれっていうのは
ちょっと押し付けがましいかな。

要は私、臭い弁当箱を洗いたくないんだよね。

だったら
帰ってきてすぐに出さないんだったら
子どもが自分で洗うことにすればいいんだ」

と思いました。

 

そこで子どもに

「弁当箱を帰ってきてすぐに出さないと
匂いがひどくなるので洗うのが嫌なの。

でも、すぐに出すなら私が洗うよ。

そして、もし出し忘れたら
夕飯後にチェックするから自分で洗ってね

それもしないなら弁当なし、でどう?」

と言うことにしました。

 

これで私も納得できるルールを
子どもと一緒に決められそうです。

子どもも納得できるルールができれば
「嫌な状況」は変わっていきますね 😀 

 

そうなれば

「もういい加減にして!
何度行ったらわかるのよ。

弁当箱は帰ったらすぐに出しなさいよ

そうじゃないと弁当作らないわよ!!!!

本当にだらしないんだから  👿 

以下、延々と続く」

というエネルギーの悪使いはなくなりそうです \(^o^)/

 

自分の「本当は何が嫌なのか」
が見えてくると
「それがどうだったらいいのか」
を見つけることができます。

そして、それを素直に
私の思いとして言葉にすればいいんですね 😉 

 

誰でも感情的なってしまうと
「本当は何が嫌なのか」が
わからなくなってしまいがちです。

次から次へと
怒りのタネが連想されてきて
怒りの迷路に迷い込むんです。

 

一度怒りをリセットしてから
「嫌なこと」を
「どう変えてほしいのか」が
言葉にできると本当にスッキリします!

お試しあれ~ (^o^)/

 

追伸:
友だちから教えてもらった
「ルイ14世」というスプレーで
一瞬で痒みが止まります。
名前もすごいけど、実力もすごいです♡

 

今週のテーマのブログです
No.1 「子どもを怒りすぎる」から卒業する方法
No.2 やっぱりやめたい!「子どもを怒り過ぎる」の避けたい結末
No.3
不思議!ムカッとした時に一度怒りをリセットする方法

No.5 「子どもを怒りすぎる」のはあなたの地雷のせいなのかも
No.6
怒りを我慢するのはNG!あなたに合う方法でリリースしましょう

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP