ブログ

自分を追い込む癖を手放して、喜びで成長しよう!

Pocket

自分を追い込む癖 を手放して
喜びで成長しよう!というお話です。

自分を追い込む癖 喜び

 

赤ちゃんの頃は全員ワクワクしながら
自分のやりたいことをやってみよう
としますよね 😀

でもいつしか
素直にワクワクしたままで
やりたいことをやれなくなってしまう子もいます。

それは・・・?

物心つくようになった頃
「◯◯しないといけない」パターンに
ハマってしまうからなんです 🙁 

 

本当は誰でもワクワク
「自分のやりたいことをやってみたい」んです。

でも、赤ちゃんを卒業する頃から
自分のやりたいことをそのままやると
周りと衝突することがあるのに気づくようになります。

自分のやりたいことをそのまましたら
お父さん・お母さんから怒られたり
困った顔をされたりするようになるからです。

社会のルールを教えてもらう時期の始まりですね。

 

本当はその時に

「周りにも気を配れれば
やりたいことをやっても大丈夫!」

「どうやったら周りと調和して
自分のやりたいことをやれるかな」

な〜んて思えれば良いんですが・・・

自分を追い込む癖 ささる小さい子が一人でそう思うのは難しいですよね
(><)

 

ここは、本人の気質や
周りの大人の声がけの仕方に大きく影響を受けるところです。

 

このままやったら怒られるから
「周りのことも考えなければならない

と思ったり

やりたいことをやったら怒られるから
「自分のやりたいことは我慢しなくちゃ

そう思ってしまうこともよくあるんです 🙁 

 

そうなるとマイナスイメージで
自分を追い込むパターンになってしまいます。

真面目な良い子ほど
残念ながら、そうなりやすいようです。

 

そして成長するなかで
周りの人から

「〜〜しないといけない」という言葉を
たくさん聞かされることで
そのパターンはさらに強まってしまいます 🙁

(周りの人は”善意”で
その子の為を思っての声がけなことがほとんどです))

自分を追い込む癖 はて素直な子ほど
そんな言葉をそのまま受け取ってしまうのです。

 

そういう子が
未来をマイナスにイメージすることと
「〜〜しなくちゃいけない」を
癖として持ち続けてしまうと・・・

ワクワク目標をたてても
いつの間にか
避けたい結果のイメージが湧いてきて
「いい結果を手に入れなくてはならない」と
思ってしまうようになるんです。

そういう癖があると
何をやっても楽しめなくなってしまいますね
((+_+))

 

気が付かないうちに身につけてしまった
悪い結果をイメージをする癖と
「〜〜しないといけない」という言葉の癖で
やりたいことが楽しくできないのは
本当に残念です〜 (TдT)

 

でも、ご安心くださいね!

幼児から成長した今では
自分で自分の癖に気づくことができます。

そして練習することで
その癖を手放すこともできるんです!!

 

自分を追い込む癖 希望そのためには本来の
「成長の喜び」を思い出すのが一番です。

「〜〜しないといけない」という口癖を
「〜〜したら大丈夫」にするのも効果的です!

 

もし、マイナスイメージを持つのが
癖になっているなら

目標に近づいている時や
達成している時の喜びを感じることを
気がつくたびに意識してみましょう。

練習の始めには
かなりぎこちなく感じても
成長の喜びは
人間本来のエネルギーなので
思った以上に短い時間でワクワクを取り戻せますよ!

 

お父さん・お母さんは
ぜひお子さんにオススメしてくださいね 😉 

 

明日に続きます (^o^)/

 

追伸:
姪が出産したので
お祝いに行ってきました。
生後3日でもいっぱい動いてて
かわいくてたまりません (♡o♡)

 

今週のテーマのブログです
No.1 目標で苦しくなる子
No.2 結果を意識しすぎて、目標が重荷になっていませんか
No.3 目標からやる気をずっと生み出す秘訣とは?

No.5 成長の喜びを意識して、目標に向かう「今」を楽しもう!
No.6 模試の判定で「やる気」をなくしやすい10月11月の乗り切り方

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

ブログで書ききれないこともお伝えします☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP