ブログ

人見知りで緊張する時には相手に興味を持ってみよう


おはようございます。
このところ寝ている間に
不思議な夢を見ている気がしてます。
みなさんはの夢はいかがですか?

 

さて、初対面の人に緊張する子を
勇気づけるというお話です。

 

みどりさん
「まずは家で、しっかり
緊張を緩められたという体験を
一緒に作っておいて
現場ではそれを思い出したり
やることがわかっていればいいんですね。

なんだかやれそうな気がしてきました!」


「良かったです (^^)

あとは現場で練習していけば大丈夫です。

 

それから
もう少し年齢が上がってくると

現場でやることとして
”意識の向け方”というもの
やってみると効果があるので
おすすめすることがあります

みどりさん
「意識の向け方ですか?」


「緊張している時って
”自分がどう見えているか”で
頭がいっぱいなんですね。

これは相手がどう見ているかと
考えているようで
実は”見られている自分”のイメージを
気にしている状態です。

意識が自分に向き過ぎているんです。

 

特に思春期には
自意識過剰になりがちって言いますよね 😀 

 

そこで、意識を相手の方に向けてみるのです

 

例えば
この人はどういう人なんだろう”とか
この人はどんなことが好きなのかな
などと、相手に関心を持ってみるんです」

みどりさん
「ほほ~ 😯

”自分”が出てこなくなりますね」


「そうなんです!

人は一度に一つのことにしか
意識を向けられませんから
相手のことを考え始めると
自分のことを同時には考えられなくなります

相手の話に興味を持てれば
そこから話も自然に弾むので
仲良くなりやすくなりますね」

 

ここでちょっと解説です (^^)

 

人はたいてい
自分の意識の向け先に
注意をはらっていません。

気が付かないうちに何かを考えているものです。

何か関係ないことをしている時でも
自分が気になっていることを
いつのまにか思い出しているものですよね 😀

 

「自分は緊張のあまりに
何かおかしなことをしているのでは?」

と、気にしている人は
「自分がおかしなことをしている姿」や
「相手が変だと思っているところ」を

思い浮かべながら相手と会話をしています。

そりゃ~、しんどいですね (^_^;)

 

なので、現場では意識的に
相手の方に関心を向けてみるのがオススメです。

自分の意識の向け先を変えるには
少し練習が必要になるかもしれませんね

でも、癖というものは
最初は抵抗が強いのですが
何度かやっていると
(たいてい5回くらいやると)
自然に新しいものの方が強くなってきます!

 

「考える力」が強い人には
この方法もオススメです。

 

みどりさん
「色々やり方ってあるんですね~」


「沢山ありますよ~ (^o^)

個別セッションでは
沢山のやり方のなかから
その人が”やってみたい!”と
一番強く思えるものを選んでいきます。

 

現場でやることは一つ、二つにして
集中してやってみることも大事です。

 

今回ご紹介したものは
多くの方に好評だったものなので
まず試してみてください 😀 」

みどりさん
「ええ、これだったら
うちでもできそうなのでやってみます」

 

追伸:
私は夢を覚えていない方なので
なんだか「夢を見たらしい」と
思えるだけでちょっと嬉しいです 😀

 

今週のテーマのブログです
No.1 初対面が苦手な子を勇気づける方法
No.2 緊張を緩めるには「意志」よりも「身体」からが簡単!
No.3  「それでも乗り越えてきた」ということを思い出してみよう 
No.4 緊張した時に何をするのかを決めておこう

No.6 思春期は伝え方の工夫が必要

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP