ブログ

子どもの気づきを生み出すコミュニケーション


こんにちは。
昨日は山形で
JPMI認定リセットセラピスト同期の
リセット講習会に参加してきました 🙂

家庭

 

さて、思春期の子どもへの
関わり方についてのお話です。

 

みどりさん
『なるほど〜
子どもの気持ちや意見を尊重しつつも
親も質問や意見を言っていくのですね。

口を出すのか出さないのか、とは
ちょっと違うんですね 🙂 』


『そうですね。

「子どもに正しい答えをわからせるかどうか」
ではなくて
子どもが自分で良い選択をできるように
考える力を育てよう、と
関わることが大事だと思うのです。

子どもが今関心を持っていることに
大人が関心を持って会話をする
というところがポイントですね。

 

何にどういう意見や気持ちを
今子どもが持っているのか

ハートを持つ人たち何を考えているから
今そういう行動をしているんだろう

それを知りたいな〜と
興味を持って一緒に話していきます』

みどりさん
『なんだか私は
子どもの行動を
「合ってるか間違っているか」で
ハラハラ見ていた気がします』


『子どもには子どもなりの
「そうしている理由」があるはずだと思うのです。

それをまず知りたいな〜と』

みどりさん
『親からそこを聞かれて話しているうちに
子ども自身が自分の理由に
だんだん気づいていくんですね』


『そうなると
子ども自身の気持ちや考えが
整理されていくことになると思います。

疑問を持つ話しているうちに
「あれ、これはちょっと変だな」とか
「そういう理由で頑張っていたんだ」と
自分のことがわかってきます。

 

こういう関わり方をされると
正しいかどうかで判断されないので
子どもも安心な気持ちでいられます。

安心で落ち着いた気持ちの時には
かえって親の出した選択肢や考えを
冷静に受け取ることもできるようになります』

みどりさん
『たしかにそうですね。

対話型ってそういうことなんですね 😯 

では、その対話型の関わり方をするのに
特別な技術って必要ですか?』


『子どもの話を最後まで聞く、とか
うなずきをうまくする、とか
うまい意見の言い方など
色々あることはあります。

ボード知っていればコミュニケーションが
スムーズになることはいっぱいあります。

 

それでも
そのようなコミュニケーション技術を
使いさえすれば
子どもの力を育ててくことになるのか?
というのはどうでしょう?

子どもに「正しい行動」をさせようと
それらの技術を使おうとするのと
同じ技術でも
子どもが自分で考える力を育てようと
使うのでは
きっと子どもに与える影響も違ってくると思います。

何のために、どうなりたいから
今子どもと話しているのか

そこからぶれずに居られたら良いですね』

 

追伸:
自分が知っていることでも
他の人のやり方で体験すると
楽しいし、また沢山の気付きがありますね。
あ〜ちゃん、ありがとう♡♡

 

驚きのセルフケア「リセット」を学んでみませんか

 

今週のテーマのブログです
No.1 思春期の子どもとの関わり方に迷います
No.2 つい心配で口出しをする
No.3 思春期はもう大人だから?
No.4 子どもにどう関わったら良いのかわからない
No.5 子どもを伸ばす話の聞き方

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください。

PAGETOP