MENU

太陽の下で色々な出会いをいただいた・・というお話

Pocket

太陽の下で 太陽太陽の下で 日焼けしたい!
と入ったテニスサークル。

先輩にも仲間にも恵まれて
念願の太陽の下で
思いっきり日焼けもしてました。

 

そうこの頃は
日焼けが流行ってたんです。

クッキーフェイスとか
ナツコとか 😀

カネ○ウとか資○堂にノセられて

(数十年後に
泣きを見るんですけど)

のびのび太陽と広い空間を満喫してました
(*´∀`)

 

まだまだボケボケの私でしたが
この時期は人とのご縁に
とても恵まれました。

 

クラスメート

サークルのメンバー

ゼミの先生と仲間たち

 

太陽の下で 宝物本当に素敵な人達に
たくさん出会うことができました。

もう何十年もたってるのに
今でも多くの方たちと
お付き合いさせていただいていて

優しさも刺激もいっぱいです。

久しぶりに会っても
すぐに昔と同じように
肩書きも気遣いもなく居られるのは
ありがたいです。

感謝 (^_^)

 

 

付き合いが長いといえば
夫と知り合ったのも
入学式の日でした。

勧誘されたテニスサークルで
「こちらも新入生だよ」と
紹介されたメンバーに
未来の夫も混じってたんです。

 

全く好みのタイプでも
ビビビ(古い?)でも
何でも無かったんですが
最初の出会いだけは
妙に覚えてます。

わあ、書いてて恥ずかしいな~
(*^^*)

 

サークルの同級生はみんな
とても仲が良かったんですが

太陽の下で クリスマス本当になんとなく
2年生の終わり頃から
おつきあいが始まりました。

 

私のどこが良かったのかは
大きな謎ですが 🙄 
私は夫と一緒にいると
なにより安心できました。

 

私の父はとても短気で
何か気に入らないことがあると
東京でもパリでも
突然大声で怒り出す人でした。

愛情エネルギーも強いんですが
怒りエネルギーも大きくて

子どもの頃はとても怖かったし
思春期になったら
街なかで怒られることが
とても恥ずかしくて
いたたまれませんでした :mrgreen: 

私がいつもぼんやりしてたのは
自分のそんな気持ちを
感じないように

深く考えないようにしてたのが
関係してたのかもしれません。

 

今となっては
父のことも生い立ちなどから
理解・共感できますが

この仕事をするまでは
父の記憶が怒ってることばかりで
しんどかったです。

 

太陽の下で 居心地でも夫とは
長い時間一緒に居ても
気を使わなくても
黙ってても心地よく居れました。

まあ、当時はお互い
「何も考えてなかった」というのが
本当のところだったんですけど
(*^^)v

 

出会いから今まで35年以上

実は「好き」が
よくわかってない時期が
長かったんです。

 

でも、負の感情は強いものです。

そちらばかり出てきて
かなりドロドロになったり
何度も”憎しみ”に近い感情を
持ったこともお互いありました。

強制力があったから
別れられなかっただけのことも
正直何度かありました。

 

そんな中で
本当に周りの人のお陰で
お互いがちょっとづつ成長できたので
この長い年月をここまで過ごしてこれたようです。

 

結局一緒にいることが
お互いにとって
ベストなのかは
神のみぞ知るですが

(他の選択もあったかも
(=^・^=)

今が一番好きですし
お互い話しも良くします。

 

太陽の下で 愛自分とのコミュニケーションが
ほとんどできずに
ぼんやり過ごしていた私でした。

今でもまだまだ未熟ですが

「今が一番自分らしい。
好きなことを楽しめてて幸せ」

と、心から言えるようになったのは

夫という一人の人間と
長い年月を山越え谷越え

周りの人のおかげで
やってこれたことは
私にとっては大きいです。

 

あれ、夫にも感謝ですね。

ほんと、今日はものすごく
恥ずかしいです (*^_^*)

お読みいただき
ありがとうございます。

 

幼稚園児になった私」に続きます 😀 

 

追伸:
人にはそれぞれ学びのテーマと
その人なりの学び方があるようです。
私は家族から
愛とコミュニケーションついて
学ぶチャンスを
多くもらいました 😀 

 

今週のテーマのブログです
思春期コーチの誕生ストーリー2:17歳からのお話
花盛り・乙女ざかりの17歳 高校時代にやり遂げたのは?
あなたの人生の設定は?ものすごく残念だったお話

幼稚園児、堂々の登場!というお話:思春期コーチの大学時代
うっかり入ったゼミで、初めてイキイキ行動する!というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください