MENU

不登校への友達の反応が気になる子ども。親はどう対応すればいいんだろう

Pocket

不登校への友達の反応 犬不登校への友達の反応 が気になって
「学校に行こうかな」と思っても
なかなか登校しづらい子もいますね 😉 

不登校の理由が友達でなくても
思春期は友達の反応がとても気になる時期ですもんね~

 

自分がしばらく休んでいたことを
どう思われているんだろう

どんな反応をされるのかな

休んでいた間の友達関係は
どんなふうに変わっているのかな

ちゃんと受け入れてくれるかな

 

あれこれ考えているうちに
気が重くなってしまうこともありますよね 😆 

 

このタイミングで
子どもがとても気にするのは
親しい子どもだけでなく
同じクラスや部活の子という
「大勢」であることが一つの注意ポイントです。

 

久しぶりに登校した子に対する
「大勢の子」の反応は

だいたい3パターンに分かれるようです。

① 無関心に見える    
② 意地悪を言う、する
③ サポートしようとする

 

不登校への友達の反応 困る①には、何か声をかけて励ましたいけど
何を言ったらいいのかわからなくて
無関心ふうに見える子も含まれます。

一番多いのが①で
その次が③、②というのがよくある割合のようです。

年齢が上がるほど①と③が増えて
②は減ってきます。

 

②の子は「良い悪い」で人を順序付けて
安心したい欲求を持っている子です。

「学校に来ないこと」を
「来れるのに来ない」「ずるい」と解釈して
その子を責めて
自分より下のモノ扱いをしたがる子も世の中にはいるものです 🙁 

 

子どもが気にしている時には

*どこにでも、誰の場合にも①②③の人達がいること
  ②の残念な子も世の中には居ること

*①の中には③になりたい子も居ること

*不登校は良い悪いでもないし
恥ずかしいことじゃないから
②を真に受けなくて良いこととかわし方

などをしっかり伝えるのがオススメです。

 

親しい子や③の子に意識を向けることと
とにかく家族は何があっても味方だから!と
言葉でしっかり伝えましょう (^O^)

 

③の子が声をかけてきてくれたら
素直にサポートしてもらっていいのだと伝えましょう。

不登校への友達の反応 助け体の病気や怪我からの復帰と同じで
今は受け取るタイミングで
いつか誰かに返せばいいと伝えておくと安心できます。

 

また、心配や単純な知りたい気持ちから
『なんで学校に来てなかったの?』と
周りの子が聞いてくることもよくあります。

時には先生や友達のお母さんから聞かれることもあります 🙄 

 

聞く方は特別な意図がなくても
休んでいた子には結構重い質問です。

それを聞かれるのが嫌で
再登校に踏み切れない子もいたりします。

 

そういう時には
わかって欲しい人以外には
真面目に説明しなくてもいいということを
教えてあげると子どもは随分ラクになります 😀 

 

聞かれたらすぐに返せる
簡単な言葉を用意しておくのもおすすめです。

「ご心配ありがとう。

おかげさまで休んでいたら元気になりました」

それくらいでも大丈夫なことがほとんどです
(^O^)

 

友達との関係が
不登校の原因になっていた時には
より丁寧に色々なケースを想定して
うまく対応できるようにイメージしておくのも大事です。

不登校への友達の反応 心難しいな・・・と思ったら
ここだけでも専門家に相談するのもアリです!

思春期の子どもにとっては
本当にとても大事なことですもんね~

(^^)

 

人間関係は真面目一筋に
正面から取り組んでばかりだと
疲れることもありますよね 😉 

 

*いろいろな人が居ること

*うまくかわす時やしっかり話す時を
人と場合によって選べる、ということ

*登校前に気になることをシミュレーションしてみる

 

おうちの人や専門家と一緒に
コミュニケーションの仕方を
学ぶチャンスにしていきましょう!

不登校体験を成長チャンスにしちゃいましょう
(^O^)/

 

明日は3.
不登校の勉強の遅れが気になる時の対応についてです 😀 

 

追伸:
おかげさまで退院した愛犬が随分元気になりました。
お日様もでるようになって
大好きな日向ぼっこも再開です♡

 

今週のテーマのブログです
不登校から再登校する時に気をつけたい5つのポイント
不登校の理由探しよりも子どもの登校する喜びを見つけよう!

勉強の遅れが気になる時の対応法は?
不登校から再登校する時に、優先するのは行く回数?居る長さ?
不登校から復帰したのに、また『行きたくない』!?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

ブログで書ききれないこともお伝えします☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください