ブログ

思春期には伝え方の工夫が必要


おはようございます。
今朝の散歩では、山吹やタンポポ
ミモザなど黄色の花がきれいでした♡

 

さて、初対面の人に緊張する子を
勇気づけるには?というお話です。

 

みどりさん
「私にもやってみれそうなことが
見つかったので嬉しいです!

辛そうな子どもを見てて
何か少しでも楽にしてあげたいな~と
思っていたんですけど
どうしたらいいのかが

わからなかったので :-D」


「是非お母さんがリラックスして
やってみてくださいね」

みどりさん
「余計な緊張を取る方法は
上の子にも教えたら役立ちそうです

下の子ほどではないんですが
あの子も緊張する方なんです。

でも最近は、親の言うことなんて
素直に聞かないんですよね」


「中3男子ですか  😀 

そういう時には
まっすぐにアドバイスしないこと
ポイントですよ~

思春期にもなってきたら
本人から興味を示していない時には

まずは、他人の話として
世間話のように話してみたり
資料を目のつくところに置いたりして
こんな情報があるよ、と
さりげなく知らせるくらいからで丁度良いようです

興味があればそのサインを
子どもの方から送ってきます

そのサインを見逃さないでくださいね

照れくさがって、そのサインが
すご~く密やかな時もありますから 😀

しばらく時間が立ってから
”あの話だけどさ”とか
違う方向を見ながら言い始めることもあります」

みどりさん
「確かに
”あなたって初対面で緊張するよねっ”て
面と向かって言いだされたら
嫌かもしれないですね

一手間かけてみますか~ 😉 」


「(^o^)

今困っていると言われていないならば
いい情報があることを知らせておけば
まずは十分です。

妹さんに話している時に
聞いていないようなふりをしてても
案外しっかり聞き耳を立てていて
自分で勝手にやってることもあるようですよ」

 

ここでちょっと解説です (^^)

 

複雑なお年頃の思春期では
いい情報だとしても
ちょっとした言い方ひとつで
うまく伝わらなくなってしまうこともありますね。

「あなた困ってるでしょ」と
ダイレクトに推すよりも
「こんな情報があるよ」と示しておいて
その子が自分から選ぶというカタチに
していく方がスムーズなことが多いようです。

 

それから大事なことですが
人に会うと緊張する子の場合には

それまでにいじめなどの
辛かった体験があることもあります

そのような場合には
丁寧なそれに対するケアが必要となりますので
個別にご相談ください。

でも、難しく思えるケースでも
必ずしっかりいい状態になりますので
ご安心くださいね (^^)

 

追伸:ひとくちに黄色といっても
山吹色とミモザの色では随分違いますが
どっちも好きだな~と思いながら
歩いていました♡ 

 

今週のテーマのブログです
No.1 初対面が苦手な子を勇気づける方法
No.2 緊張を緩めるには「意志」よりも「身体」からが簡単!
No.3  「それでも乗り越えてきた」ということを思い出してみよう 
No.4 緊張した時に何をするのかを決めておこう
No.5 人見知りで緊張する時には相手に興味を持ってみよう

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP