MENU

子どものネガティブをなんとかしたい!と思った時には

Pocket

『子どもがネガティブ思考です。

いつも嫌なことを気にしたり
自分の足りないところばかりに
目が行くようです。

励ましても変わらないんです。

どうしたらいいでしょう?』

今週は
そんなご相談をいただきました 😉 

 

『とにかく口癖が
ネガティブばかりなんです。

「また失敗した」

「私にはムリ」

「だからダメなんだ」

と、マイナス言葉のオンパレードです。

 

そんなんじゃツライだろうと思うので

「また頑張ればいいじゃない」

「いいこともあるよ」

と励ますんですが聞きません 🙁 

 

最近はネガティブ言葉が気になって
こっちまでイラっとしちゃいます。

何とかしたいです』

 

そうですよね~

ネガティブ言葉って
ほんと、インパクトが強いです。

言っている本人も
繰り返し聞いてる人も
気分が暗くなりますもんね。

やっぱり家族みんなで
イキイキ楽しくいたいですよね~

 

実際のところ
脳は「ダメ」「足りない」ことを
とても敏感に捉えます。

それは
「命の生き残り」のために
「ダメ」「足りない」があると
危険だ!と反応するからです。

 

「いいこと」や「できたこと」は
放っておいても
命には別状がありませんよね。

でも、「ダメ」「足りない」ことは
そのままにしておくと
危険になることもあるので
脳は小さなネガティブも
強いインパクトとして記録します。

そこで、「OK」なことよりも
10倍以上の強さで記憶に残すんです。

 

なので、自然な状態ではどうしても
「ダメが多くある」ように
感じてしまうんですね~

自分には「○なところ」も
ちゃんとあることを
意識しておくことも大事です。

 

また、「ダメ」「足りない」を
考え続けていると
人は簡単に気分が落ち込んで
体の具合も悪くなっていきます。

それは、脳が
「想像」と「現実」の
区別がつかないので
ずっとダメで足りないんだ』
危険なままなんだ』と
思いこんでしまうからです。

 

そういうことを
体験的に感じていたのか
かつての私は
ネガティブ言葉が大嫌いでした!

 

そして、自分が凹みそうになったら
すぐにその事を考えないようにするか
ポジティブに考えるようにしていました
( ̄‥ ̄)=3

 

さらに自分だけでなく
子どもがネガティブなことを言おうものなら
モウレツに励ましたり
ポジティブな言葉に
すぐに言い換えたりしてました。

子どもにも凹んで欲しくなかったんです。

 

でも、その結果は・・・

子どもから反発されてばかりでした
┐(´д`)┌

 

ケンカのようになってしまい
お互い、新たなネガティブになっておりました。
(^^;)

 

「ネガティブだからポジティブに」

そんな思いだけでは
うまく行かなかったんですね〜

 

じゃあ、どうしたらいいんでしょう?

 

実は、子どもが
ネガティブなことを言っている時には
それをすぐに否定するよりも
その時の子どもの気持ちを
一度認めるのがオススメなんです!

 

え? それじゃあ
さらに落ち込んじゃわないかしら?

 

はい、大丈夫なコツがありますので
ご安心くださいね~

 

「子どもからのメッセージ」に続きます 🙂 

 

追伸:
私の大好物の一つが餃子です。
全国の色々な餃子を
見つけては試してます。
今のお気に入りは京都の
九条ネギ入餃子です♡

 

今週のテーマのブログです
ネガティブな言葉も子どもからのメッセージ!?
ネガティブをやめて欲しい!と思ってる時こそ、やってみるといいこと
ネガティブで動けない状態から、子どもを抜け出させる方法
子どもがネガティブになっている時こそ、「乗り越え力」を育てよう!
ネガティブな子どもが、自分からネガティブとおさらばしちゃう言葉がけ

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く無料メルマガのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことをお気軽にこちらから教えてください