Pocket

おはようございます。
思春期の子育ては難しいのか?についてのお話しです。

 

みどりさん
『子どもが思春期になると
単純に親が怒っても
親の言うことをきかなくなる
というのは確かにそうですね。

親も”言い方””伝え方”に
気をつける必要があるんでしょうか』

 


『本当は小さな子どもにだって
同じなんですが
力関係で親が圧倒的に強い間は
”怒り””脅し”が効いていたんですね。

今の親世代まではギリギリ
思春期の頃でも
「親だから」「先生だから」で
言うことを聞いてきた世代です。

でもどんどん時代は変わって
それだけでは効かなくなってきています』

 

みどりさん
『それはなぜですか?』

 


『かつては年齢が上だと
経験が豊富だということで
”知っていること”が沢山有る、と
みんなが思っていたのです。

だからよくわからなくても
その人の言うことは聞かなくちゃ、
とある程度自分で納得できました。

でも今では子どもでも
調べようと思えばネットから
情報がいくらでも手に入るので
単純に目上の人=よく知っている
ではなくなっているのです。

IT系や最新のニュースなどは
子どもの方が知っていることも多いです。

大人が言ったこともすぐに
ネットで調べられちゃいますしね 😎

 

年齢や属性(親とか先生)に関わらず
この人は何をどれくらい知っていて
どう話しているのか、
が重要になってきています。

それを今の子どもたちは小さい頃から
アタリマエなこととして
体験してきています。

 

「どう伝えるか」についても
今の子どもたちは敏感です。
子ども同士のメールでのやりとりでも
とても神経を使いあっているんです。

ここは私達とは違う感覚ですね。

 

なので学校や家庭での
古いタイプの大人のふるまいに
違和感を感じる子ほど
しんどいところがある時代です。

その辛さゆえの不登校も増えています。

そしてこの傾向はビジネス場面でも
どんどん強くなっています。』

 

みどりさん
『親とか先生とか上司とか
そういう立場に
よっかかれなくなっている感じですかね』

 


『そうかもしれませんね。

コミュニケーションの仕方って
とても大事なんです 🙂

それ次第で内容のやりとりよりも
人間関係に対する影響が大きいからです。

 

もちろん
せっかく伝えたいことがあるのに
”言い方”がまずいと
伝わらなくなってしまうのは
とてももったいないですよね。

親御さんならお子さんに対して
「もっと楽しくいて欲しい」
「もっと段取りよくした方が
 うまくやっていける」
そういう愛情が根っこにあって
話しているはずなんですよね。

でも親にとっては
自分にそれがあるのはアタリマエだから
どんな伝え方をしても
それは分かっているよねという
前提があるんですね』

 

みどりさん
『どうしても子どもは
自分の一部みたいな感覚があって
コミュニケーションの仕方には
あまり気を使わないです。
ついめんどくさくて
話し方が
一番簡単な
”ご自宅用に”なっちゃいます。

むしろ、昔のちょっと言えば
すぐに反応していた子どもの方を
懐かしがっちゃいます 😎 』

 


『その気持はよくわかります(^^)

思春期になると子どもは
ただでさえ親の考えや伝えたなどを
”本当にそれは適切なのか?”と
思うようになります。

イマドキ情勢がさらに
その思いを強めています。

子どもが思春期に入ったら
大人も何かを諦めて
子どもは自分と違う一人の人間に
なろうとしているんだと
一度思い切ることが
必要なのかもしれませんね』

 

みどりさん
『別の人だから
ちょっと丁寧に話さないと
伝わらないよ、と』

 


『でも、ご家庭で
いつでも”ご自宅用”がNGで
他人と話すのと同じように話すのでは
大人だってめんどくさいですよね。

思春期になったら
力関係での押し付けはNGということと
これは伝えたいという大事なポイントでは
ちょっと丁寧な伝え方にする、
というのがコツですかね。』

 

みどりさん
『大事なことだからちょっと丁寧に
包んで渡すっていうことですかね☆』

 

思春期親子コミュニケーション10日間講座

 

今週のテーマのブログです
思春期の子育ては難しい?

今その話は届いているかしら?後での方がいい?
子どもが決めるルール作り
思春期の親子の感情

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい