思春期コーチの誕生ストーリーその2 乙女時代のお話し

Pocket

思春期コーチの誕生ストーリー

今週は17歳でパリから帰国して
女子高校に戻ってからのお話です 😀 

17歳まではこちらです 😳 )

 

17歳で高校一年生になった私ですが・・

「死んでもイヤ 👿 」だった
2年年下に交じることも

パリの同級生のお陰で
すんなりとできました。
詳しいストーリーはこちらです

今度は目の色は同じだし
なにより日本語が通じました
(^^)/ ラクショウ

 

それでも、17歳にとっての2年は
人生の2/17

46歳の人の5~6年くらいの感じです。

思春期コーチの誕生ストーリー ポツン自分より5~6年離れてる人たちの中に
毎日ポツンと混じるような
気分ではありました。

初日はカキンコキンに
緊張してたのを覚えてます 😉 

 

とは言え、周りは元気な15歳軍団

まだまだ刺激に柔軟なお年頃です

最初は『へえ~』と驚かれましたが
日々の流れの中であっさりと
「居るのがフツウ」にされてました
(^^)

 

当時理科の実験の時には
白衣を着るというシステムでした。

思春期コーチの誕生ストーリー BJそれで、パリで使ってたのものを
持っていったんですが
それがちょっと立ち襟で →
ブラックジャック風だったんです。

 

はい、そこですかさず
「ジャック」というあだ名を付けられました。

仲の良かった背が小さめで
カワイイ友達が
私のとばっちりを食って
「ピノコ」です。 😀 

 

高校生のあだ名づけは待ったなし!

他にも「ジギー」とか
「ベム」とか(妖怪人間!)
「しおばた」とか (^o^;)

きれいな娘だったのに
塩バターラーメンが好きって
言ったことが命取り 😎 

 

私は背も高かったので
そこからずっと模擬男子扱いとなり

女子校の3年間
バレンタインにはチョコを貰ったり
クラスの劇では近藤勇を演ったり・・

面白いポジションで
みんなとワイワイ楽しめました

(^o^)☆

 

思春期は多感なお年頃。

年がみんなと違ったり
転校生だったり

しばらく学校を休んでいただけでも

思春期コーチの誕生ストーリー 孤独「自分はみんなと違う」と
本人はとても気になります。

 

一人だと自意識過剰になりがちですが
そんな気持をほぐすのは
周りの「え、それが何か?」っていう
自然な関わりなのかもしれませんね

 

それになんでも続けていけば
「やがてフツウーになる」ことも
知っておくといいですね♡

 

「やり遂げたこと」に続きます (^^)/

 

追伸:
女子校の友達とは今だに
あだ名で呼びあいます。
きっと一生変わらないんでしょうけど
人混みの中で
『ジャック~♡』と呼ばれるのが
50代、ちょっと恥ずかしいお年頃です
(*^_^*)

 

今週のテーマのブログです
花盛り・乙女ざかりの17歳 高校時代にやりとげたのは?
③ あなたの人生の設定は?ものすごく残念だったお話
太陽の下で色々な出会いをいただいた・・というお話
幼稚園児、堂々の登場!というお話:思春期コーチの大学時代
うっかり入ったゼミで、初めてイキイキ行動する!というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

生きる力を楽しく育てるヒントが届く無料LINEメルマガのご登録はこちらからどうぞ!

今なら「プレゼント」とコメントするだけで5大無料キャンペーンプレゼントが届きます♪

最幸家族講座では家族で幸せになる方法をたっぷりお伝えしています。

お子さんの「好きのタネ」の見つけ方、育て方もわかります♪

「思春期の生きる力コーチ養成講座」も募集中です!

 

PAGE TOP