MENU

「叱られても成長する力」が育つ、一番の土台とは?

Pocket

「叱られても成長する力」

社会に出る前の思春期のうち
育てておきたいですね 🙂 

 

自分の「失敗」を叱られて
「反発する」のも「落ち込む」のも
感情的な反応ですよね~

ちょっとくらいなら自然ですが
いつまでもそうなら困ります。

 

どちらも「自分が叱られた」ことに
フォーカスしちゃうので
肝心の「失敗を改善する」まで
行かなくなってしまいます。

もったいないですね 🙁 

 

これでは叱った人の
「もっと良くなってほしい」
という気持ちも伝わりません。

叱ってくれた人との
関係性も悪くなってしまいます。

 

そんなことでは困るので
思春期の、
まだ子どもが手元に居るうちに
「叱られても成長する力」を育てておきたいものですね。

 

では、子どもが自分の失敗を叱られても
ちゃんとその失敗自体と
向き合えるようになるには
どうしたらいいでしょう?

 

それには6つのコツがあります。

 

(1)日頃から子どもへの愛を
しっかり伝えておくこと

(2)叱る前に
「教える」「注意する」という段階を踏むこと

(3)叱ると怒るを区別すること

(4)子どもの価値と失敗を分けること

(5)今の失敗だけにフォーカスすること

(6)子どもがちゃんと理解したか確認すること

 

では、順番に行きましょう
(^^)/

 

(1)は日頃から
子どもへの愛をしっかり伝えておくことです。

これは子どもが成長するための
すべての土台をつくります。

 

『え? 家族なんだから

親なんだから、叱るのは
子どものためだって
決まってるよね?

だからせっせと
ダメなところを叱ってるのに』

 

もしかしたら、そう思われるかも知れませんが・・

実は日本の思春期の子どもの心はグラグラです。

大人が思っている以上に
「親から自分は愛されているのか?」を
疑問に思っているんです。

 

残念ながらどの国が調査しても
「自分は親から大切に思われていない」と
思う子どもの確率が日本は異様に高いんです。

これは日本人が日頃から
愛情表現をしない民族だったからかもしれませんね~

それが日本の思春期の子の
自己肯定感の低さにつながっているようです。

 

だから、特に欧米みたいに
「愛しているよ」を
毎日言わなくてもいいですが

日頃から子どものステキなところを
言葉で伝えたり

「居てくれて嬉しい」
「大好き」などの言葉は
意識的に言ってみるのがオススメです。

 

1週間から2週間ほどやってみると
言うのが楽しくなるかも知れません
(^^)

 

言いすぎても
困ってことにはならないので
安心してやってみてください。

突然過激に始めたら
「怪しい」と思われるくらいです 😉 

 

そういうことを
特にお母さん・お父さんから
充分にしてもらっていると
子どもは基本的な安心感を持てるようになります。

多少、他人から意地悪されても
自分には帰る基地があると思えるので
心がタフになるんです。

全ての心のタフさの土台は
「お母さん・お父さんから愛されている」
そういう実感が作ります。

 

「失敗を減らすコツ」に続きます 🙂 

 

追伸:
最近愛犬は朝が早いです。
5時台から遊んでいます。
冬はお寝坊だったのに
やっぱり太陽とともに動くんですね~
おかげさまでどの獣医さんにも
「若い」と褒められる13歳です。

 

今週のテーマのブログです
「叱って伸ばす子育て」はいかがでしょう?思春期に生きる力を育てよう
「叱られる力」は、社会に出る前の思春期のうちに育てよう

子どもの失敗を減らすための近道は?子どもを育てる叱り方のコツ
子どもの「失敗と向き合う力」を育てよう!叱る時の言葉の選び方のコツ
怒られても成長する!子どもの「叱られる力」を育ててみませんか

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください