おはようございます。
暖かいですね。
山形市に来ましたが
全く雪がありません!

 

あかり女性さて、新しい年のイメージを作るの
その4です。

さらに別の角度から見て
より立体的な新年のイメージを
作ってみましょう。

 

新しい年のイメージを作る
その1では
過去からの資産や学びを思い出してみました。

新しい年のイメージを作る
その2では
2016年をゆっくり歩いてみて
気がつくことを見ました。

新しい年のイメージを作る
その3では
子どもや家族、他の人との
関係性から気づくことを見ました。

そして、その4では
未来からの眺めてみることで
気づくことを見てみましょう。

 

歩く同じように現在地点にたち、
2016年をイメージしてみます。

それが十分にできたら
イメージを味わいながら2016年を
歩いてみます。

そして、12月31日に立ったら
さらにその1年後、
3年後、10年後、20年後を
見てみましょう。

それぞれの地点での
ご自分をイメージ出来たら
それぞれの地点まで
ゆっくり歩いてみます。

 

歩きながら、色々なことに気づきます。

 

それぞれの地点で
あなたのそばにある
お子さんや家族などの
状況も感じてみてください。

更に、多くのことに気づくはずです。

 

バンザイ3年後、10年後、20年後
あなたは何歳で何をしているでしょうか

そこで大切にしているものは
何でしょうか。

その時、お子さんやご家族は
何歳で何をしているでしょうか。

あなたとのその時の関係は?

 

また、「人生が終わる時」に
立ってみましょう。
そこから振り返ってこの人生は
どのような人生だったでしょうか?

そして、そこから見た2016年は
どのような年に見えますか?

 

十分にイメージ出来たら
一番気になる時点に戻り
そこから2016年を見てみましょう。

この年は、その時点のあなたにとって
どんな1年だったのでしょうか。

 

また、時間の流れ全体を
見ることができる場所に移動してみます。

そこから全体の流れを見て
気づくことは何でしょうか

また、その全体の流れのなかの
2016年はどんな年でしょうか

 

それらの気づきを元に
あなたの2016年を
より素晴らしい一年にしていきましょう!

 

追伸:
山形市に来てから25年
雪のないお正月は初めてです。
スノーブーツでない靴で
スタスタ歩いています!

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい