ブログ

珍しい思春期コーチの、ものすごくぼ~っとした中学時代のお話し

Pocket

珍しい思春期コーチ 中学生珍しい思春期コーチ になった人は
どんな思春期を送ったのか?

もしかしたら思春期に
熱血な先生にであって
「生きるって素晴らしい!」って
目覚めたとか・・?

そんな展開を
ご期待いただいてるかも
しれないんですが・・・

申し訳ないことに
私の中学時代は
ものすごーくぼ~っとしたまま
過ぎていきました。

 

思春期は頭と心と身体が
バラバラのスピードで
成長する時期です。

自分を大再編する時期です。

いい刺激さえあれば
どんどん新しいことも学ぶし

幼いころに作った思い込みを
リフォームするチャンスなんです!

 

でも、私の場合には・・

「感情はやっかいなもの。

自分の感情をそのまま表現すると
人の迷惑になる」

珍しい思春期コーチ 夢「悪いことをせず
良いことをしていけば
いつか幸せになる」

という思い込みは
残念ながら
特にリフォームされることもなく
そのまま持ち越されていきました 🙁 

 

つまり本人も意識しないまま

「自分の感情をありのままに
感じることを抑えて

ただ良い子にしていれば
いいことがいつかやってくる」

と、心の深いところで信じて
過ごしていたんです。

今思うとかなりもったいないですね
┐(´д`)┌

 

残念ながら、強烈に
好きで
ワクワクできるものに
偶然出会うというラッキーもなく
そのままの日々を送っていました。

友達がヒデキやルパン3世に
熱中しているのを
応援する役だったんです 🙄 

 

でも、多少の好き・楽しめるは
それなりに感じてたので
自分では「まあまあな感じ」だと思ってました。

「特に悪くない」

 

この「まあまあ」とか
「悪くない」っていう感覚が
成長を阻む最大の曲者なんですけどね~

「だからこのままでいい」っていうのが
すごくすごくもったいないんです
(ToT)

でも当時の私は
”私もみんなもそんなもん”だと思ってました 😎 

 

珍しい思春期コーチ 本一方、そんな私だったんですが
それまで
大量に本を読んでいたせいか
勉強はラクにできました。

字を読むのも文章を理解するのも
かなり早かったんです。

想像力も鍛えられてたので
基礎問題がわかると
応用問題がすぐに解けました。

たまたま通っていた
現役東大生の個人塾の先生から
ラクして勉強する方法を教えてもらいました。

 

そういうわけで11クラスあった
マンモスの市立中学で
学力テストだけは一番だったんです。

偏差値も80台ありました。

 

これは自慢?ではなくて
そういう風にお勉強もできて
特に困ってることもない中学時代でも

自分にとっては思い出すと
グレーな感じ

・・ということを
お伝えしたかったんです 😉 

 

お勉強ができても
特になりたいものも
将来の夢もわかりませんでした。

 

珍しい思春期コーチ キラ幼稚園時代の
キラキラ感はどこへやら・・

時たま幼稚園時代を思い出しても
「小さい頃は良かったな」
 ↑
早すぎる!!

「キラキラはみんな小さい頃だけ」

成長してからも
そんな感覚を持てるだなんて
思ってもみませんでした

(><)

 

実は私と同じルートじゃなくても
思春期が始まると
自分の感情を押さえ込もうとするように
なることがよくあるんです~

思春期には
「自分らしく居たい」と

思いながらも
「友達と同じで居たい」という
思いが強くなるので

目立つことを嫌って
自分の感じたことを

素直に表現しなくなったり
自分の感情を押し込めてしまうことが
珍しくないんですね 🙁 

 

そうなると私のように
好き・楽しむも
感じにくくなるんです。

自分らしいエネルギーが出なくなるし
色々なことを自分らしく選べなくなります。

 

本来思春期は
感情・感性が鋭くなるので
色々な好き・楽しめるを見つけられる時期なんです。

その時期を楽しめないのは
とってももったいないので
もし、お子さんが
小さい頃と
違う様子だな、と思ったら

声をかけてあげてくださいね:-) 

 

 

.珍しい思春期コーチ 夢では、今の自分が
その時の私に関わるとしたら?

まずはその時の私なりの
好きで楽しめることのタネを見つけて
育てるところから始めると思います。

 

どんな子でも、どんなにわずかでも
その子なりの
ちょっと好き
ちょっと楽しめるがあるはずです。


本人はこれで十分と思っています。

 

でもそのタネを育てていくと
その子の内側にあるエネルギーが
モリモリと湧いてきます 😀 

驚くほどイキイキとしてくるんです!!

 

さらに、自分らしさを主張しても
友達とうまくやれる方法も
教えてあげると思います
(^o^)/

 

もし私が当時
そんな状態になってたら

進路についても
もっと考えたかもしれませんが・・

なんとこのタイミングで
また父が海外赴任することになりました
(゚д゚)!!!

 

珍しい思春期コーチ 飛行機今度は行き先がパリだったので
家族全員で行くことになったんです!

 

「花の都パリのお話」に続きます 😉 

 

追伸:
中学時代で一番ドキドキしたのは
あこがれの先輩を見つけた時でした。
あのシーンだけは思い出がカラフルです
(*^^*)

 

今週のテーマのブログです
思春期コーチ誕生のストーリーその1:思春期コーチの思春期時代
幼少期はどんな子だった?本来の気質と環境とその受け止め方のお話し

花の都パリでショックをたくさん受けたというお話し
刺激を受けて気づいたことはもっと育てられる・・・というお話
体験は財産になる。財産は磨くとさらに進化する・・というお話

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP