ブログ

コーチングで思春期の夢が叶うのはなぜ?


おはようございます。
昨日庄内から東京に帰ってきました!

ハートを持つ人たち

 

さて、私はコーチという仕事を
天職だと確信していて
おかげさまで
日々楽しく
充実して過ごしております 😀

私がプロコーチになってから
もう7年目となりました。
今では「コーチング」と言っても
「知らない」「怪しい・・・」と
言われることが、ほぼなくなりました
\(^o^)/

 

それでも「聞いたことはあるけど」
「具体的に何をしているの?」
「何が思春期の子どもにいいの?」
聞かれることはままあります。

特にビジネスやスポーツ場面ではなく
家庭・子どもへのコーチングは
まだまだかなり少ないですからね。

今週はそんなご質問に
お答えしていこうと思っています。

 

そもそもコーチという仕事は
誰かの夢を応援することです。

その人が本気でやりたいことや
こうなったら良いなあと願っていることを
実現していくことを応援していきます。

今困っている状態から抜けたい
というのも一つの「願い」です。

 

先を見る時には、その人が
本当に願っていることって何なのかを
一緒に探すところから
始めることもあります。

例えば「受験」がテーマであれば
どういう生活を受験後に
過ごしていきたいのか、
というところから始めたりします。

それが明確になることで
最初に考えていた受験校よりも
もっと良さそうな学校が
見つかることもよくあります。

 

山登りゴールが具体的にはっきりすればするほど
「なんとなくこの方角へ行く」から
「あそこに行きたい!」となってきます。

そうすれば
途中で道に迷いづらくなりますし
道中必要なこともはっきりします。

何より「前に進みたい!」
というエネルギーが段違いに大きくなります。

 

そして、次には
その実現したいことに向けて
現状からどのようなステップで
進んでいけば良いのか、を
一緒に見つけていきます。

 

多分この段階の継続的な支援が
コーチングならではのものだと思います。

 

実現したい「夢」があっても
そこに向けて歩いて行く途中には
誰にでも様々なことが起こるからです。

継続的なセッションがあれば
「やってみたけどうまくいかなかった」
時や
「予想外にすいすいできた」時に
その次の行動を柔軟に検討できます。

 

%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a%e4%b8%8b%e3%81%8c%e3%82%8aまた、計画はばっちりなのに
なぜかその通りに行動できない時には
自分の中や外にある「その理由」を
リリースしていくこともできます。

不要なブレーキを外したり
障害物を片付ける、ということですね。

実は子どもでも大人でも
このブレーキや障害は
道の途中にいくつもあるものです。

なので、見つけては外していく、
ということは
頻繁にあります。

 

他にも一人では
大きな夢を実現するまでの
孤独で長い道のりでも
コーチがいたら楽しく進むこともできます。

自分だけでは思いつかないアイデアや
知らない情報を
コーチがシェアすることもできます。

自分では気づかなかった
自分の強みとそれの役立て方を
コーチが言葉にするのを手伝うので
それが自分の自信になる

なんてこともありますね。

それから一人では
「なんとなくそのうちに」で
そのままにしてしまうことも
コーチと次の約束をしていたら
「やっぱりやろうかな」と思える
というのもありますね (^^)

 

女友達コーチは時にはご本人よりも
その夢の実現可能性を
信じてあきらめず探求していきます。
なのでご本人も、安易に諦める、
なんてことはなくなります 😉

 

単発のセッションだけでも
もちろん変化は起こっていきます。

そして継続セッションでは
その後に「更に変化を育てる」
ということが続いていくので
最終的に手に入るものが
かなり大きくなっていくというわけです。

 

追伸:
東京は暖かいです、やっぱり
(≧▽≦)

 

今週のテーマのブログです
No.2 自分のなかのつながりを作る
No.3 エネルギーの使いみち
No.4 いきなり山頂まで行こうとするよりも
No.5 今まで知らなかった
No.6 希望と自信をとりもどす

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい

PAGETOP