MENU

自分の弱みや苦手と向き合うための、誰にでもできる6ステップ

Pocket

自分の弱みや苦手と向き合う 弱み自分の弱みや苦手と向き合う 時には
ちょっと勇気がいるかも知れませんね。

でも、ずっとこだわり続けて
しんどい時間を送ったり
無意識で変な癖を持つのではもったいないですね。

一度勇気を出して向き合ってみると
思っていた以上にスッキリしますよ~ 😀 

大掃除と同じですね ←うちの場合

 

幸子コーチ
信頼できる人と一緒に
まずは自分の強みや長所を
たくさん挙げてみてくださいね。

それができたら準備完了です。

そして、アレコレ気になっていて
「私は全部ダメ」となってる時には
とりあえず一番気になっている弱みを
一つ扱ってみてください。

 

お母さん
うちの子もアレコレ言ってるけど
そのなかでも気になってる
強弱はありそうです 😆 

 

自分の弱みや苦手と向き合う がっかり幸子コーチ
ひとつこだわり始めると
アレもコレもがダメな気になりますからね 😉 

 

では、ジャーン!!

誰でもできる
自分がこだわってる
弱みや苦手と
向き合う6ステップ

をご紹介しますね♡

 

1.その弱みがあることで
一番嫌なこと/恥ずかしいと思ってることは?

2.それは変えられることなのか
変えられないことなのか?

3.それがあるから良いことは?

4.それがあるから持っている長所は?

5.それがあるから人に
助けてもらえることは?

6.何が課題なのか?

 

お母さん
へえ~ 😯 

私なら自分について
これは嫌だなと思ってるのは
なんでも思いついたら
すぐにやってしまうところかしら

自分の弱みや苦手と向き合う 警官ちょっと落ち着いて考えてからって
いうのが苦手なんですよね~

 

1.嫌なのは
何かをやってしまってから
後悔することがしょっちゅうあることかな

 

2.変えられるか?

う~ん、意識すれば少しは良いけど
やっぱりすぐにいつも通りに
戻っちゃうんですよね。

性格だから変わらないんじゃないかな

 

3.それがあるから良いこと?

まあ、とりあえず行動はするから
何かの変化は起こせるかな

 

4.それがあるから持ってる長所?

う~ん、それで
失敗もたくさんしてきたから

失敗をリカバリーする力はあるかな

失敗を怖って動けないってこともないですね。

あと、すぐに何か思いついたり
探したり行動するから
人には相談されるかな~

 

5.それがあるから人に助けてもらえること?

えっと・・自分で困ったと思ったら
すぐに何かをしたり騒ぐから
人から助けてもらうことも多いかもしれませんね

 

自分の弱みや苦手と向き合う つながりあら!
これがあることで
人とつながってるんですね、私 😯 

良いこともあるものですね~

 

6.何が課題なのか

え~、本当に困るのは
大事なことについても
よく考える前に

勝手に自分だけで動いちゃうことですね。

 

幸子コーチ
ありがとうございます 😀 

では、それについて
できそうなことはありますか?

 

お母さん
そうですね・・・

重要なことについては
自分だけで決めて動くんじゃなくて
どうせ動くなら、調べたり
誰かに相談するっていう
動きにすればいいかしら

それだったら無理せずにできそうです!

 

幸子コーチ
ありがとうございます 😀 

やってみていかがですか?

 

自分の弱みや苦手と向き合う ひらめきお母さん
私ってじっとしてられないから
自分はダメだなって

心のどこかでずっと思ってましたけど
すぐ動くことで良いこともあるんですね。

ちょっと心が晴れました (^o^)

 

それに「動かないようにしよう」だと
苦しいですけど
大事な時だけ調べたり
聞くっていう動きにすれば

良いんだってわかって
随分すっきりしました \(^o^)/

 

幸子コーチ
良かったです♡♡

嫌だ・恥ずかしいと思ってることも
こんなふうに見てみると
見え方が違ってくることがよくあります。

 

それがあって困ることも
思っている以上に限定的だ
ということもわかります。

 

そして、見え方が変わると
思いつくことも変わってきます。

自分の弱みや苦手だと思ってたことでも
頑張ってやってみようとも思えますし

うまく使えるようにもなれます。

 

人は自分が感じている以上に
変化することができるんです 😀 

 

自分の弱みや苦手と向き合う 泣くだから自分の弱みや苦手でも
「嫌」「恥ずかしい」と
そのままにしちゃうのは
とってももったいないんです。

 

お母さん
ええ、そうですね~

自分でやってみると
その感覚がわかります 😀 

 

幸子コーチ
それから「性格」ですけど
これまでは「性格だから変わらない」と
されていたことでも
今は色々なアプローチがあるので
ほとんどのことは柔軟にできるんです!

 

もちろん言葉で変化を作る、
という方法もありますが

イメージや身体へのアプローチも
一緒に使うとびっくりするくらい早く柔軟になります。

 

特に子どもの場合には
そちらのアプローチの方が
早く大きく変化を生むことが多いんです。

なので、セッションでは
心・身体・脳の全てへのアプローチを使います。

脳科学やセラピーも
世界中で日夜進歩していますからね
(^o^)

 

自分の弱みや苦手と向き合う 加速お母さん
そうなんですか~!

本格的にやったら
ずいぶん変化しそうですね 😯 

 

明日の「自分の弱みや苦手へのこだわりを手放す最強の方法」に続きます
(^^)/

 

追伸:
今発達についての資格をとってます。
日々私たちは頭で考えてるだけでなく
身体や心がお互いに
驚くほど影響しあってます。
そんな仕組が見えてくると
頑固な謎もするりと溶けていくのが
とっても嬉しいです♡

 

今週のテーマのブログです
弱みや苦手とどうつき合う?思春期をもっと楽しもう!
弱みや苦手にこだわったままで長所を伸ばす・・にはご用心!
弱みや苦手があることを恥ずかしいと思いすぎてしまうと?
自分の弱みや苦手と向き合ってみる、ということは?

弱みや苦手へのこだわりをスッキリ手放せる最強の方法とは?

 

生きる力を楽しく育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!

ブログでは書ききれないこともお伝えしています☆

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください