ブログ

簡単!子どもの生きる力を育てる言葉


おはようございます。
先日はすぐお隣の文京区に
大きなヒョウが降ったようです。
こんな季節にびっくりですね 😯 

 

さて、子どものやる気を育てる
勇気づけのお話です。

 

子どものやる気を引き出すのに
最強の「勇気づけ」ですが
ポイントはたった二つです!

① 自分が言われて元気になる言葉をかける

② 子どもの小さなアタリマエも言葉にする

 

では、さっそく①を見てみましょう。

自分が言われて元気になる言葉・・・
なら、わかりやすくて簡単ですね。

そうなっているかチェックするには
思春期の頃の自分が
お母さんから言われたら
どんな気持ちになるか
それで元気が出そうかを
一度イメージしてみればいいだけです 😀 

 

そして、誰からから言われて
一番元気になる
嬉しい言葉ってなんでしょう?

 

色々な言葉が思いつきますが
実は全世界共通で最強なのは

ありがとう」と「嬉しい」です。

 

人は誰かを喜ばせたら自分も嬉しくなりますね 😳 

そして自分が
「誰かに何かいいことをした」
感じが自己肯定感を上げるんです。

 

とっても大事です、この自己肯定感!

 

自分は存在する価値がある

自分は大切な存在だ

 

そう思える、生きる力の基盤です。

 

これがしっかり育まれている子は
「自分なんて」
「どうせ」に埋もれてしまうことは起きません。

 

シンプルなのに効果絶大な言葉がけです。

 

大事なのはただ一つ
子どもが「良い」か「悪いか」じゃなくて
自分が嬉しいという気持ち
そのままを素直に伝えることです。

 

例えばあなたが料理を作って
誰かと食べてる時に
「よくできたね。やればできるね」
と言われたらどうでしょう?

 

話し手は
褒めてくれてるのかもしれませんが
ちょっと嫌な気持ちなりますよね。

これは、相手のことを
「良い」と評価してる言葉です。

これ結構、やりがちなのでご注意です。
私も子どもたちを褒めるつもりで言ってました 🙄 

 

ではサンプルをもう一つ。

「わあ おいしい! 嬉しいな。
作ってくれてありがとう」
って言われたらどうでしょう?

単純に
「良かった♡ また作ろうかな」って
思いますよね。

 

このように、たとえ子どもが
やることを約束していたことでも
期待通りのいい結果でも
やってアタリマエとして見過ごさずに
「ありがとう」「嬉しい」を伝えればいいんです。

子どもも
「自分っていい人じゃん」
「次もちゃんとやろう」って自然に思えますね。

それに言ってくれた人のことも好きになります 😉 

 

日本人は
自分の感情を表現しないことが
美徳だった時期もあるので
「~~してくれて嬉しい」って
伝えるのがまだまだ少ないようです。

外国映画を見ていると
「私はあなたを誇りに思う」って
言ってるのをよく観ますね。

「あなたがうまれてきてくれて嬉しい」も
最強のダイレクトな勇気づけですが
これもちょっと私たちには
気軽に言うには照れくさいかもしれませんね。

でも、ここぞ!という時
(たとえば誕生日など)に伝えてみると
子どもは確実に心の奥底から喜びます。

 

日々の中では
是非「嬉しい」「ありがとう」を
意識してたくさん伝えてみてください。

地味なようですが
子どもの心に自己肯定感

生きる力の基盤がしっかりと育ちます
(^^)/

 

追伸:
突然の雨ならまだしも
ヒョウは困りますね。
傘もボコボコにされそうです。
コンビニにでも逃げましょう

 

今週のテーマのブログです
No.1 子どもの「やる気」を育てる!最強の言葉がけ

No.3 大丈夫!子どもが工夫したくなる言葉がけ
No.4 たった1回が「いつも」に変わる言葉がけ
No.5 ご注意!子どもの心にダメ出ししていませんか
No.6 思春期にこそ勇気づけがたっぷり必要な理由とは?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP