ブログ

大丈夫!子どもが工夫したくなる言葉がけ


 

おはようございます。
思春期の生きる力コーチングの
ロゴが新しくなりました!

 

さて、子どものやる気を育てる
勇気づけのお話、今日はその②

子どもの小さなアタリマエも言葉にする

です。

 

ついつい、私たちは子どもが
日常でアタリマエにできてることよりも

子どもの結果にすぐ反応しちゃていませんか?

「成績」とか「勝利」とか
自分も嬉しいので
「いい結果で良かったね」とばかり言ってしまう・・・

そして望む結果じゃない時は
もっと良くなって欲しいので
「改善点」をすぐにたっぷり指摘してしまう・・・

なんてことはありませんか?

 

特に家庭内では
自分の感じたことをそのまま
言葉にしちゃう
=ご自宅用コミュニケーション
を、ついついやってしまいがちですね 🙄 

 

もちろん「嬉しい」
「もっと頑張って欲しい」は
大事な気持ちなのですが・・

子育ては技術です!

 

ここでちょっと一呼吸

その「いい結果が嬉しい」
「もっと良くなって欲しい」を
子どものやる気が上がる形で
表現していきましょう 😀 

 

良い結果でも悪い結果でも
結果にこだわるよりも

1)子どもの気持ちに共感する

2)子どものそこまでの頑張りや工夫

を言葉にするのがオススメです。

「嬉しいよね~! 頑張ったもんね」

「悔しいね でもこんな工夫してたね」

 

そうすることで子どもは
良い結果にも悪い結果にも

・自分の気持ちを抑えなくてOK
・自分が頑張ってたことに誇りが持てる

ようになります。

 

人は誰かからの言葉がけによって
心のなかで起きることが違ってきます。

 

結果にばかり言葉がけしてたら
「結果」を気にするようになります。

ダメ出しばかりされると
自分のだめなところばかり意識します。

 

でも自分の今の感情を受け止められると
人は安心します。

自分の工夫や頑張りを意識できると
自己肯定感が上がります 😀 

 

そう、特にこの「頑張りや努力」を
意識することがとてもとても大事です。

私たちは結果の○☓に
つい目を奪われすぎて
その途中の頑張りや工夫を
アタリマエとして置き去りにしがちです。

でも、何かをする時には
どんなに小さくても
頑張ったことや努力があったはずです。

 

それを見つけて言葉にして渡すと

自分にもやれたことがあった

小さなことでも見てて認めてくれる人がいる

子どもの心が元気になります!

 

思春期の子どもはただでさえ
理想主義、完璧主義になりがちです。

そこに「結果の良し悪し」ばかり
言葉がけしていたら
気づかないうちにそれを育ててしまいます。

 

「良い結果じゃないとだめ」
という気持が強くなっちゃうと
良い結果が出せそうじゃない時は
「どうせ~」とやらなくなってしまうのです 😯 

 

何をするにも始めは初心者。

いい結果ばかりじゃないこともアタリマエです。

やってるうちに上手になります。

そして上手になるには途中の工夫が必要です。

 

是非子どものアタリマエの
小さな努力や工夫を言葉で伝えてくださいね
(^^)/

 

追伸:
新しいロゴの感想を
教えていただけたらとても嬉しいです 😳

 

今週のテーマのブログです
No.1 子どもの「やる気」を育てる!最強の言葉がけ
No.2 簡単!子どもの生きる力を育てる力

No.4 たった1回が「いつも」に変わる言葉がけ
No.5 ご注意!子どもの心にダメ出ししていませんか
No.6 思春期にこそ勇気づけがたっぷり必要な理由とは?

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP