ブログ

子どもが気になる時は魚の釣り方練習をサポートする


こんばんは。
今日は思春期の生きる力コーチ達と
フォローアップ講座でした。
楽しかったです~ (^o^)

 

さて、子どもを見守るのか口を出すのかを
上手に見極めて
スッキリと子育てしよう!というお話です。

 

思春期の不安定な子どもの
ピンチを見逃さないためにも
子どもを見守っていくことは大事ですね。

でも、子どもを見ていると
モタモタや失敗がどうしても目につくものです 🙄 

 

ただ、そんな時でも
「もっと早くやらせたい」
「もう失敗させたくない」
という気持ちに引っ張られないようにしたいですね。

口出し過剰は
子どものやる気を削ぎそうですし・・

どうしたらいいんでしょう?

 

こういう時には
その「早く」と「失敗なし」の気持ちの
もともとの目的に
一度立ち返ってみるのがオススメです。

 

その二つが湧いてくるのは、そもそも
子どもに幸せになって欲しいからですよね。

もちろん
モタモタや失敗のトバッチリばかりも
ゴメンしたいところです 😉 

 

ということは?

 

子どもに早く
「選ぶ力」をつけてもらって

楽しく自立してもらえばいいわけです。

 

そのためには?

 

なるべく口を出さずに
子どもを見守っていけば
①②③で選ぶ力が育ちます。

そしてもし、子どもを見てて
モタモタと失敗が気になった時には
その気になってるエネルギーで
①②③の練習がよりうまく進むように
子どもを
サポート
すればいいんですね!

 

ということは・・・

 

子どものモタモタや失敗が気になったら

そこにすぐ口出しする
(=正解を言う)のではなく

まずは、今
子どもの練習がうまく行っているのかを

チェックしてみるのがオススメです!

「このまま子どもにお任せで
①②③はうまく行く?

選ぶ力が育つ方向に行っている?
何か手助けが必要?」

 

そしてこのまま見守ってれば
多少モタモタや失敗がありそうでも
子どもの試行錯誤が進みそうなら

しばしまた見守る。

そしてもし
このままではどこかに詰まりがあって

どうやら先に進めそうにない時には
その詰まりを解く方向に
子どもをサポートすればいいですよね 😀 

 

うん、これなら
子どもなりの頑張りを
頭から否定することなく
(やる気を削がずに)
子ども自身で練習でき「選ぶ力」が育ちます!

 

そう、子どもの練習をサポートすることで
「選ぶ力」が早く育てば
子どもの自尊心も育ちます。

結局子どもが自分で色々なことを
より早く上手にやれるようになり
失敗も少なくなっていきます 😀 

 

ええ、ことわざにもありますよね 😉 

魚を与えるのではなく釣り方を学ばせよ!

 

お腹のすいた子に魚を与えてばかりでは
子どもは魚のとり方を覚えられないので
結局親がずっと魚を与え続けなければならない。

でも
子どもが自分で魚を釣れるように
釣り方を練習させれば
たしかに最初は手間だけど
やがて一人で釣るようになります。

ず〜っと未来永劫安心して楽ちんになりますよね
\(^o^)/

 

確かに「いいやり方」を言う
(=魚を与える)より
始めは面倒くさいようですが
自分でいいやり方を見つけられるようになる
(=自分で魚を釣れるようになる)方が

一年もしないで
ずっと子どもが「早く」「失敗なし」になり
楽しく自立できるでしょう 😀 

 

子どもだって口出しされ続けるより
自分で考えてうまくやれれば
自分のことを好きになれますよね 😉 

 

初期投資から大きなリターンが生まれます
\(^o^)/

 

では明日は
もうちょっと具体的に

おすすめのサポートを見ていきましょう 😀 

 

追伸:
思春期の生きる力コーチ仲間大募集!
第2期生を12月からの講座で募集いたします。
思春期の子どものサポートは
今多くの場面で求められています。
10年先も感謝されて求められる
そんなコーチとしてご一緒に活躍しませんか?
詳細は近日発表いたしますね 😮 

 

今週のテーマのブログです
No.1 迷いませんか?「子どもを見守る」のか「口を出す」のか
No.2 ご存知ですか?子どもを見守る」と起こること
No.3 「見守る」と「見張る」と「見放す」の違いとは

No.5 子育てで混同されやすい?サポートと口出しの違いとは?
No.6 ちょっとしたヒントで「子育て」はずっと楽しくラクになる!

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP