ブログ

「見守る」と「見張る」と「見放す」の違いとは?


おはようございます。
只今うちにある膨大な本を整理してます。
いつのまにか何百冊も溜まってました 😯 

 

さて、子どもを見守るのか口をだすのかを
上手に見極めて
スッキリと子育てをしよう!というお話です。

 

子どもの生きる力が育つよう
大人が見守るには

・早くやらせたい
・失敗させたくない

という気持ちと上手く付き合うことが
ポイントになりそうです。

 

う~む、難しいところですよね。

誰だって我が子は可愛いので
長く苦労させたり
失敗させたくありませんもの

それにトバッチリも来ますしね 🙄 

 

でも、確かに子どもからすれば
「もっと早くやればいいのに」
「失敗するんじゃないかしら」と
いつも見られてたら嫌ですよね。

ちょっともたもたしていると
『早く、早く!』
『こうすればいいじゃない』
『何やってんの、ダメじゃない』
『それじゃ失敗するよ』と
言われちゃうのは厳しいです (^_^;)

 

「この子はトロイ」
「この子はほっとくと失敗する」
そう思われて
「見張られている」感じです。

 

そうなると子どもも
反発を感じながらも
自分のことを「頑張れば成長する人」と
思えなくなりそうです。

『どうせ・・』が口に出て
失敗しそうなことはやってみようと
しなくなっちゃいそうですね 😯 

 

これじゃあ、あまりにももったいない !

だって、子どもに
「早く上手くやらせたい
失敗させたくない」のは
もともと子どもを幸せにしたいからですもの!

 

じゃあ、うまくやれない子どもが
見えちゃうとどうしても気になるから
子どもをなるべく見ないようにするのは?

 

いやいや!

「思春期になればもう大人。
大失敗さえしなければ
放っておけばいいんじゃない」と
目を離してしまうのもおすすめできません 🙄 

 

だって、残念ながら思春期は
まだ大人じゃないんです。

身体は外から見たら
早々と大人びて見えますが
実はまだまだ成長期。

特に人間の脳はゆ~っくり成長するので
不安定でアンバランスな時期が続きます。

大学生位まではある意味
「目が離せない」のです。

「見放さない」でおきましょう 😀 

 

もちろん
子どもの状態・成長に合わせて
見られる時間は減りますし
お任せの範囲もどんどん増えてきます。

それでも
「今子どもの心身のバランスがとれてるか」
のチェックだけは最低限必要です。

 

本来、思春期の子どもは
多少のストレスには柔軟なのですが
脳ホルモンの関係で
一定以上のストレスがかかると
急に回復が難しくなり
あっという間に急激に落ち込むことがあります。

今はストレスフルな時代です。

そして思春期の子は
自分に何が起きているのかを
ちゃんと把握できないことも多いですし
大人に言わないこともよくあります。

いつもバランスを見てないと
子どもの変化に気づきにくくなり
気がついたら「問題が起きてた」
なんてことがあるんです 😯 

 

子どもからいつも目だけは話さずに
もし1週間~10日以上
凹んだままのようならば

子どもと話しをするか
専門家に相談することをオススメします。

このタイミングでいい関わりがあれば
長期のうつや不登校などにならずに
健やかに改善していきます

早期発見、大事です!  😀 

 

やっぱりまだまだ
子どもから目は離せません。

そうなると・・

子どもを見てると感じちゃう
「早く」と「失敗させたくない」と
どう付き合っていくのかが

やっぱりポイントになりそうですね 😉 

明日ご一緒に探求しましょう (^^)/

 

追伸:
毎週2,3冊本を読んでれば
たまるのはアタリマエですよね~
でもなかなか捨てきれないです 😎 

 

今週のテーマのブログです
No.1 迷いませんか?「子どもを見守る」のか「口を出す」のか
No.2 ご存じですか?「子どもを見守る」と起こること

No.4 子どもが気になる時は魚の釣り方練習をサポートする
No.5 子育てで混同されやすい?サポートと口出しの違いとは?
No.6 ちょっとしたヒントで「子育て」はずっと楽しくラクになる!

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP