ブログ

子どもの話を聞いてみてわかった。必要な関わり方

Pocket

こんにちは。
今日は風呂掃除をしています。
風呂の床にオキシクリーンをまいて
お湯をはってるところです♪

 

さて、あるお母さんのお話です。

子どもとの会話が増えたお母さんが
次にやってみたこととは?

 

おかあさん
『子どもに必要な関わりをする、です。

 

私は子どもととり組む課題を
すぐできそうなものから始めました。

なので、幾つかの課題について
子どもの”言い分”を聞けたんですけど
それで見えてきたことがあったんです。

 

子どもが何度もNG行動をする時って
2種類あるんですね〜

その行動を変える気が、子どもに
「ある時」と「ない時」があるんです。

で、それぞれで
私がどう関わればいいかが
違うことがわかってきました!

 

「変える気がある」場合には
子どもは気持ちはあってもやれてないわけです。

こういう時には子どもは
めんどくさいのかやり方がわからないのどちらかです。

そこで私は勇気づけたり
子どもがやれる方法をいくつか考えて
伝えたりしてみました。

ただやれてないことを叱るより
その時は手間がかかりましたけど
結局は私が困らないように解決していきました 😀 

 

「変える気がない」場合には
「なんで変えなくていいの?」と
子どもの”言い分”をもっと聞いてみました。

時には私が知らない理由があったり
子どもの言い分がトンチンカンなこともありました 😉 

 

例えば私が
「嘘をつく」と深刻に捉えてたことに
「ただ場を盛り上げようとしてた」って言うんです。

「そんなこと思ってたの?!」とかなり拍子抜けしました 🙄

 

まあ、そんなこともありましたが
お互い折り合いがつくところで
一つづつ決着させていきました。

 

子どもと話しても
うまく進まない時には

何度も佐藤さんに相談していきました。

子どもがうまくやれた時には
すかさず、うんと勇気づけることも
教えてもらいました。

 

そういうことをしていったので
「子育て失敗」「何が悪かったんだろう」
「なんでこうなったんだろう」と
考えてるよりも
今子どもが
どこで止まっているのかを見つけて

ひとつづつ必要なことをやっていけば
状況を変えていくことができるんだと実感しました。

 

なんだか自分にも自信がついた気がして
余裕がでてきました。

そんな気分でいるうちに
いつのまにか

子どもともうまくいくようになりましたね」

 

本当に嬉しいコメントです。

「何が悪いかの原因探し」や
「今の状況に名前をつける」よりも
「欲しい未来を見つけて
今居るところからそれに向かって行動する」ことで
現実が変わっていきますね (^^)/

 

追伸:
遅ればせながらオキシクリーンを
初めて使ってみたんです。
楽チンなのにお風呂はピカピカになりました〜☆☆

 

今週のテーマのブログです
ある「子育てに失敗した」お母さんがやってみたこと
「子育て失敗」をリセットする!シンプルなこと
効果あり!性格じゃなくて行動を変えよう
「伝えたい」時こそ「話す」よりも「聞く」!

あなたの笑顔を取り戻そう!子育ての極意

 

生きる力を育てるヒントが届く
無料メールマガジンのご登録はこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えてください

PAGETOP