Pocket

おはようございます。

思春期の子育ては難しい?についてのお話しです。

 

みどりさん
『親が力関係で押し付けても
思春期の子どもには
うまく伝わらないという話でしたね。

でも親が何度穏やかに話しても
子どもが言うことをきかないような時に
何かを子どもからとりあげるのは
力関係で押し付けることでしょうか

例えばうちの子はスマホを
夜なかなかやめなくて・・』


『前もって子どもと一緒にルールを
決めておくといいですよね。

その中に”とりあげる”が
入っていても良いと私は思います。

何かを使う權利は
使う上での責任とセットですから』

みどりさん
『前もって決めておくんですね』


『そうですね。
まず最初に子どもの頭とも心とも
約束をしておくんです。

子どもと一緒にルールを決める
というのがポイントです。

このあたりの話しの進め方は
オンラインセミナー
『リクエストの手』
参考にしてくださいね』

みどりさん
『あ、あのやり方ですね』


『なぜずっとスマホをいじることが
ダメなのかについて
改めて客観的理由について伝えたり
子どもの意見も聞きます。

そしてルール設定に子どもが同意したら
一緒にルールを決めていきます。

子どもがちょっと頑張れば
守れるところに行動基準を決めます』

みどりさん
『厳しすぎたら
結局守れなくなるので
落とし所が大事ですね』


『おっしゃるとおりですね。

例えばスマホだったら
今までずっといじってきたので

”全くいじらない”ではなくて
何時まではOKだけど
ここからはNGなどの形がいいでしょう。

ここはそのケースごとに
子どもと話し合って
柔軟に調節してみてください。

そしてその決めた時間がきたら
スマホをリビングに置くことにするなど
ルールが守れたかどうかを
みんなで確認できる形がいいですね』

みどりさん
『子どもが一人ではやめられないと
いう場合もありますよね』


『そういう時には、例えば
親が
1回声がけをする。

それでも1分以内にやめなければ
スマホは24時間使えない、などでも
良いと思います。

 

とにかく親が少し手伝うにしても
今の状態よりいい方向に
ちょっと頑張れば
現実的にやれるところに
ルールを設けることが大事ですね。

「とりあげる」も子どもに
良いダメージが及ぶ範囲が良いですね』

みどりさん
『一度あらためて子どもと
ルールを作る時間を持つことですね。

いつもその場になってしまい
その場で注意するということばかりなんです』


『大人も忙しいので
時間をとろうと決めないと
なかなかとれないですよね。

でも一度ちゃんとこの時間をとれば
結局早く、今までとは違うことが
起きるようになってきます。

子どもに頭から
理屈を押し付けるのではなく
客観的な情報を与えて
自分で考える時間をとります。

子どもを一人の意見を持つ人として
扱うことで
子どもの心とも頭とも約束を
しようとすることが大事です。

今までその場で言ってもだめだったなら
この先同じことを続けていても
同じく”変わらない”ということが
続くだけなんです』

みどりさん
『そうですよね』


『自分で決めることにこだわる子は
自分で決めたルールなら
押し付けられたことよりもずっと守ろうとします。

そして子どもがルールを守れた時には
さらっと”できたね、嬉しい”と
伝えておけばOKです。

できなかった時も
ちゃんと淡々とルールに沿って
ルールを実行していきましょう。

親の本気さが淡々と伝わることが大事です。

 

ただ、あまりにも守れないことが
多い場合には、そのルール自体が
適切でないということなので
また最初から仕切り直してくださいね

 

こう言う手順でやろうと思っても
そのまますんなりとはいかないことも
きっとあると思います。

個人セッションでも
何度も作戦を練り直したりすることもあります 😉 

それでもある意味しぶとく
その課題を諦めずに

子どもと一緒に扱っていくことで
子どもにもそのことが大事だと
伝わるようになります』

みどりさん
『淡々と諦めず・・・がポイントなんですね~』

 

思春期親子コミュニケーション10日間講座

 

今週のテーマのブログです
思春期の子育ては難しい?
大事な話はちょっと丁寧に包んで渡す
今その話は届いているかしら?

思春期の親子の感情

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい