ブログ

力を育てる


こんにちは。
庄内平野は今日も快晴です。
快晴が続いてくれたので
庭の落ち葉を集めました。

居眠り

 

 

さて、11月になって
学校に行きづらくなる子のお話しです。

 

太郎君
『なるほど、これなら
自分でもできそうです。

ちょっとやる気が出てきました!』


『今少しつづでも頑張って
やれることに挑戦していくと
体力・気力・知力が上がってきますよ』

太郎君
『あれこれ一人で考えて
焦りがとても強かったけど
今やれることを頑張ってみます』

 

ここでちょっと解説です。

 

作戦会議で大事な事としては
具体的な情報集めもそうですが
一番のポイントは
子ども自身を主人公にして
話を勧めていくことです。

 

教える日々状況が変わっていくこの時期は
大人が焦ってしまって
「作成会議」と言いながら
子どもに「作戦結果発表」をして
実行だけを指示命令して
しまっていることがあります。

また、子どもが
自分なりに階段を一歩つづ
上がっている途中でも

あれこれと言い過ぎることもあります。

 

でも、どんな有効な作戦でも
実行するのは子どもです。

その子が「やりたい」「やれるかも」と
希望と期待を持つことが大事ですね。

 

%e9%a6%ac「馬を水辺まで連れて行くことはできるが
 水を飲ませることはできない」

そんな言葉がありますね  😀 

「飲みたい」と「飲める」が大事なんです。

 

特に思春期の大目標は
個人としての自立です。

自分で考えて、感じて、決めて
自分でやってみること。

そしてその結果をまた自分で
考えて、感じていくこと。

その繰り返しで成長していきます。

 

それがうまくできていない時に
子どもがうまくできるように
サポートするのが大人の仕事です。

 

大人は先が見えるばっかりに
「この先が
マイナスなイメージ通りになったら
どうしよう~~~」と焦って
今に集中することが苦手になることがあります。

子どもを大事に思うあまり
「かわいそうな子」や「できない子」と
扱ってしまうこともあります。

 

何も聞きたくないもちろん今さえ良ければ
いいわけではありませんし
楽観過ぎや放任が良いわけでもありません。

でも、先の不安にかられてしまって
子どもの「考える、感じる、決める、やる」に
あれこれ指示しすぎてしまうことは
子どもの中にある
「やろう」「やれるかも」を
邪魔してしまうことにもなりかねません。

むしろ、指示されたり
できない子扱いされることへの反発で
逆走してしまうことさえ少なくないのです。

これ、もったいないことに
案外とても多いことなんですよ~ 😥

 

焦る気持は子どもを愛しているからこそだと思います。

そんな時こそ、子どもを
「自分なりに頑張っている子」で
「今ちょっと詰まっているのだ」と

子どもが苦手としている
具体的な情報集めや

客観的な状況判断の場面などで
子どもを手伝ってあげてください。

そして現状を冷静に観察して
良いところと改善すべきところを
一緒に見つけていきましょう。

 

ただ、状況が複雑すぎて
よくわからない時や
うまくコミュニケーションが
とりきれない時には
プロのコーチに任せちゃうのもおすすめです。

 

♡を渡す人そしてご家族はいつでも
ご家族にしかできないことを
一番にしてあげてください。

それは今がどんな状況だとしても
日々子どもと笑ったり
何気ない話をしていくことです。

「かわいそうな子」
「できない子」としてではなく
「うちの可愛い子」としての時間が
一番多くなるように。

 

追伸:
庭の枯れ葉を集めたら
あっという間に
特大のゴミ袋が6個になりました。
でもまだまだ枯れ葉は落下中です 😯 

 

今週のテーマのブログです
No.1 11月に注意したいこと
No.2 まず睡眠状況をチェックしよう
No.3 今より良くなるためには?
No.4 何がどうなっているのだろう
No.5 あれこれあるから作戦会議

 

無料メールマガジンのご登録はこちらから

バックナンバーはこちらから

思春期の子どもについてもっと知りたいことを
お気軽にこちらから教えて下さい

PAGETOP