おはようございます。
うちの愛犬が『犬猫喜び草』を
散歩の後の食べるのを楽しみにしているので
近所の花屋さんにその鉢植えを買いに行きました。

さて、次回11月のセミナーでは、”子どものパターン”について
お話をする予定です。

思春期になってくると個性もわかりやすくなります。

沢山そこで、この子はこういうパターンの子なんだ、と
知っておくことが役立つ場合があります。

それは、
「こういう子なのでこうなんだ」と枠の中に入れる、
ということではなく
「この子の行動は、こういう理由から来ているのかも」 とか
「兄弟でも違うのは、パターンが違うからなんだ」 と
思えることで
『みんな、こうすべきなのに』とか
『あの子にはうまく行ったのに』という
期待=思い込みを持たずにすむようになるからです。

人はみんな違います。
似ているようで違います。
でも近いとつい「似ているから同じ」と
思ってしまいがちです。

それに、時間で大きく変わる ということも
特に思春期には起こります。

そんな時に
柔軟に扱えるパターンでみる、という視点も持っておくと
保護者のほうが楽になります。

11月セミナーでご紹介するのは
東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野でご活躍されていた
森俊夫先生が提唱されていたものです。

野口整体やアドラー派にも
パターンで見る、という視点があり
どれも有効だと思います。
その中で今回なぜ森先生のものを選んだのか・・・という
お話は、長くなったのでまた次回にしますね (^^)

追伸:
犬が草を食べる、というのを
私は飼い始めて知りました。
また、片足上げておしっこをするのは
オスだけだ、ということも。
知っているようで知らないこと、いっぱい